スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォルマシオン・ミュジカルのレクチャーお誘い

2015-01-26

私が毎月1回参加している、フランス式ソルフェージュ、
フォルマシオン・ミュジカルのレクチャーの次回日程を
お知らせします。

フォルマシオン・ミュジカルとは・・・
(レクチャーされる高田美佐子先生のお言葉より)

フォルマシオン・ミュジカルとは、フランスの文科省が
1978年に制定したフランスの音楽教育システムの
名称です。
直訳すれば、「音楽の養成」という意味になりますが、
音楽作品をソルフェージュ、音楽史、楽器学、
和声理論などさまざまなアプローチで取り組み、
実践を通して音楽を聴く力、演奏する力を養うことを
目的としています。
たくさんの音楽作品に出会い、音楽を楽しむことが出来る
耳と心を養うことが、フォルマシオン・ミュジカルの
特徴です。


日時 2015年3月8日(日) 2時~5時
場所 スタジオBEC(有楽町線江戸川橋、
    東西線神楽坂)
講師 高田美佐子  先生 (尚美学園大学講師)
参加費 3000円 
定員 10名(定員になり次第締め切り)

3月のテーマはパズル!
謎のカノン、楽譜のジグゾーパズルなど。
パリで手に入れた音楽トランプなどで
楽しみます。
そして、久しぶりにリコーダーの作品を
いっぱい取り上げます。
(高田先生のご紹介文より)


私ももちろん参加しますので、ご一緒に
楽しい音楽のひと時、ともに語らい、
学びましょう!
(おいしいお菓子とお茶タイムあり!!!)

私の過去のブログにも詳しく内容を書いています。
フォルマシオン・ミュジカルのレクチャー


申し込みはこちらへどうぞ!
スタジオBEC


いつもお立ち寄りありがとうございます。
    ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

フランス式ソルフェージュ、フォルマシオン・ミュジカルのお誘い

2014-05-10

以前もこのブログでご紹介しました、
フランスで始まったソルフェージュ改革、
「フォルマシオン・ミュジカル」レクチャー・レッスンの
お誘いです。

日時 5月25日(日)14時から17時
場所 江戸川橋駅下車 BEC音楽教室スタジオ
会費 3000円 (茶菓子付!!)

講師は、高田美佐子先生、

ダルクローズリトミックの国際免許を取得、
リトミック、ピアノ、そしてこのソルフェージュの
指導をされ、日本の各地でレクチャーを展開中。
尚美学園大学非常勤講師。

先生からお知らせのあった今回の内容は、

♪中世の音楽をフランスの旅をしながら
楽しみます。
♪付加音価が混じったクレ読み。
♪シェイクスピアの劇の中のカノン。
♪バッハ・コラールをいろいろなアプローチで
楽しみます。

などなど、盛りだくさんで、
あっという間に時間がたち、
とても楽しくソルフェージュのレッスンを
実践します。

途中には楽しいお茶タイムありで、
日頃のレッスンの話など交えて、先生、受講生が
とても近い位置で、語らいます。

私も毎月参加させていただいていますが、
あらかじめ予習や練習をすることなく、
(復習はやった方がよいといつも思って
おりますが・・・やってない!)
実際やってなくてもついていける、
わかりやすいレクチャーです。

従来の堅苦しいソルフェージュとは全然違う、
名曲を聴いて、楽譜を読んで、歌ってみる!

耳で、目で、体で、全身で音楽を感じて奏する!

ああ、こんなに素敵な曲があるんだ!

発見の連続で、自分自身の感性を磨くための
大事な時間です。

先生のセンスあるお話しはほんとに
ためになります。
ぜひ一緒に学びませんか?

申し込みは 
BEC音楽教室スタジオ

過去の私のブログにも、レクチャーの様子を
書いてあります。

きゅうでん日記
フォルマシオン・ミュジカルのレクチャー

いつもお立ち寄りありがとうございます。
皆様とともに、音楽をたくさん楽しみたいと
思っております。
  ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

保科陽子先生のコーチングセミナー

2013-10-24

今日は、ピアノ指導者のための
コーチングセミナーに行ってきました。

講師は保科陽子先生。

今やピアノの先生向けのコーチング指導の
第一人者でいらっしゃいますね!

私は数年前にコーチングを知り、
セミナーに通ったり、ある方のマンツーマンの
個人セッションを受けたりしておりますが、

保科先生は、私のコーチ(指導者の先生)が最初に
指導を受けた方でもあるので、

前からとても保科先生のセミナーを受けたいと
思っておりました。


コーチングとは、

「相手の才能を開花させ、やる気を引き出し
自発的な行動を促進させる、コミュニケーション技術
である」

と先生は言われています。


人とのコミュニケーションってほんとに難しい、
と感じたことがあって、それを何とかならないか、

ネガティブな発想の中に埋もれてしまいそうなときに、
いかにして、自分を勇気づけるか、そしてそれらの困難を
乗り越えることが出来るか・・・・!


私はコーチングを体験したことによって、
自分では気付かなかった自分の性格と向き合って

良いところをさらに伸ばせるように、、
頭の中を整理して、明るくポジティブに行動できるように
頑張っている最中です!

自分が何年後にどうなりたいかを考えて、
その目標に向かって日々の家庭生活、仕事を
やっていく・・・。

まさにへこたれそうなとき、すごい味方、
励ましてくれる存在が出来て、本当に
良かったと思います。


保科先生の明るく、前向きなトークの中には
人生で見逃せないたくさんの大事なことの
エッセンスがつまっていて、一言一言に納得!

今まで突っ走って過ごしてきた自分の人生、

冷静に自分を見つめ直し、リセットして
また新たなゴールに向かって歩き出すのも、
すごくいいな、と思います。


今日は本当に有難うございました。
また、引き続きよろしくお願いいたします。


いつもお立ち寄り有難うございます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村










感性を育てるフランス式ソルフェージュ♪ ~フォルマシオン・ミュジカルのレクチャー

2013-10-08

おとといの日曜日は、フォルマシオン・ミュジカルの
レクチャーに参加しました。

講師の高田美佐子先生は、ダルクローズ・リトミックと
このフランス式ソルフェージュの研究をされています。


翻訳監修本
LE GUIDE DE FORMASION MUSICALE

中村写真2 342


そして、フォルマシオン・ミュジカルによる
子供向けの楽典の本、2冊

音楽耳 CDでわかる楽典(2009年)中村写真2 340

CDでわかるみんなの楽典(2012年)中村写真2 341

これらは私自身の勉強のためにも
大いに役立っています。


フォルマシオン・ミュジカルとは、
我々の世代が学んだ、従来のソルフェージュとは
異なった、新しいソルフェージュとよばれ、
1970年代のフランスで生まれたものです。

上の先生の著書の中のお言葉

 「 楽典とは、音楽のしくみのこと。

   それは、机の上でじっと本を読んで学ぶもの?
   いいえ、それはちがいます。

   音楽はまず、感じとることが大切です。

   そして感じとったものが、どういうしくみに
   なっているのか、

   どのような用語で説明されているのかを、
   知識として理解する、

   この順番が大事なのです。

   聴き取る、感じとる、歌う、身体を動かす、
   模倣する、分析する、創作する、知る、
   書き取る、記憶する。

   音楽をより豊かにあじわうために必要な
   さまざまな方法を学び、

   身体で音楽のしくみを覚えていくことで、
   大人も子供も、無理なく音感を養うことが
   できるのです。」

   
実際のレクチャーは、そのお言葉通りのことを
実践されています。


高田先生は、長年、ダルクローズ・リトミックを
勉強され、研究されて、今では、取得するのが
大変むずかしい、ダルクローズ国際免許、
ライセンスをお持ちで、音楽大学で
後進の指導もされています。

ダルクローズ・リトミックのよさを取り入れた、
フォルマシオン・ミュジカル、の指導法を
めざしておられる、と私は思います。

そして先生は誰よりも「音楽を愛し、楽しむ」
心をお持ちです。

実は私も昔、高田先生と同じリトミックスクールで
一緒に学んでおりました。

ダルクローズ・リトミックはピアノの指導に
絶対欠かせないものだと思っておりますので、

フォルマシオンも先生から知る機会を得て、
ピアノのレッスンに活かせる事が出来れば、
と私は月1回のこのレクチャーを
本当に楽しみにしているのです。


今日も、まず、歌うことから始まり、
分析、聴音などとたくさんのことを
学ぶ時間を持ちました。

一緒に学んでいる方々も、ピアノの先生あり、
学生さんありで年齢が幅広く、
現場の話を交えながら、

和気あいあいと楽しく、でも内容は濃く、
あっという間の3時間です。

先生の奏でるピアノの音色はとても繊細で美しく、
そのお人柄もやさしく、温和で、何より、
音楽のセンスが抜群に素晴らしい♪♪♪ です。

先生からはたくさんの事を学ばせていただいて、
ほんとに目からウロコのことばかり!

指導者は、自分の指導法をこれでいいんだと、
スタイルを変えないことは間違いである、
と感じました。

中村写真2 337

中村写真2 336

レクチャーの内容や、とても有意義だったことは、
今後、少しずつこのブログでお伝えしたいと思います。


途中、おやつタイムもあり、なんと先生自らが作られた
パウンドケーキとコーヒーで、楽しいおしゃべり!

中村写真2 334

このブログを見られた方が、私も是非!
と思ってお仲間になってくだされば、
とても嬉しく思います。


*11月のレクチャーのお知らせ

 11月10日(日)2:00~5:00
  場所は、江戸川橋駅近く BEC音楽教室
  レクチャー代金 3000円
  (月1回、少人数制のグループレッスンです。)
  

お申し込みは、BEC音楽教室


いつも読んでくださってありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります。
 ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

後藤ミカさんのセミナー~ハノンおもしろアレンジ♪~

2013-06-27

昨日、後藤ミカさんのセミナーを聴きに
横浜まで行きました。

~連弾で遊ぼう、ハノンおもしろアレンジ~

ちょっと前に出版されて、私はすぐ買いました。

名の通り、あのハノンの練習曲を、
プリモは原曲のスタイルを残して、
セコンドは素敵な伴奏になっています。

ミカ先生いわく、これは是非先生と生徒さんで
一緒に曲の雰囲気を味わいながら弾いてほしいそうです。

タンゴNo.1、ショウタイム、ハッピーマンデー、
嵐のエチュード…などとしゃれた題名がついて、
そんな雰囲気で先生のリードで生徒さんと一緒に
楽しく弾く!

ハノンというと、単純で無味乾燥な指の練習の本。
誰でもそう思いますよね!

そのただひたすら指を動かすだけの練習曲が、
まったく別人のように素敵な連弾曲に生まれ変わりました♪

ミカさんの素敵なアレンジによって、情緒的、
時には情熱的で、ググッと人を惹きつける曲に変身!

今日ミカさんのお話の中で、曲に対する思いを聞いて、
一音一音の響きに、魂が込められているのを感じました。

大事に大事に音を選んで作曲されたこれらの曲を、
帰ってからすぐにでも、私の生徒と一緒に
弾いてみたくなりました。

ブルグミュラーの連弾お国めぐりと同様、この曲集も
今年の発表会でぜひ使わせていただきます♪
もう、決めちゃいました!

ミカさんの語りは、作った時のことを思い出されるのか、
今までの人生の中でのいろいろな事を思い出されるのか、
時折涙目になられていたのが、とても印象的で感動しました。

私も、そんな姿にとても共感出来るのです。
ピアノを教えることも、子供を育てることも、
苦労なしには決して出来なかったから・・・。

それはこれからもずっと続きます・・・ね!

家族や友人の支えがとてもありがたいです。

前から思っていましたけど、今日はミカさんの
純粋な心に触れて、とても温かな気持ちになれました。

私のほかにも多くの方が感動して、
涙を流されていたと思います。

ミカさんの真心のこもった曲、たくさんの方に
聴いていただきたいと思います。

小さい生徒さんが、喜ぶ顔が早く見たいです。


セミナー終了後、久しぶりの再会うれしかったです♪

中村写真2 301

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


プロフィール

pianokyuden

Author:pianokyuden
世田谷区千歳烏山・給田のピアノ教室です。
「親子にやさしい、楽しく身につくピアノレッスン!」
をモットーに、地域の方がたに愛されるお教室づくりに励んでいます。
ひとりひとりの、こんな風に音楽を楽しみたいという
「夢」をかなえてあげたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
CalendArchive
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。