スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のコーチのコンサート

2012-05-31

今日は、私がコーチングを教えていただいている
H先生のコンサートに午前中、戸塚まで出かけました。

先生には、月1回のコーチングのセミナーと
個人のセッションを受けています。

「コーチング」のことは前からいろいろ情報は
得ていたのですが、それまでは
自分が教わることはなかったです。

去年友人を通してご紹介いただき、今日に至って
勉強しています。

自分を見つめ直す・・・・。

50歳半ばにして、これからの自分の仕事、人生を考えるために
大変良いタイミングで、勉強するチャンスを与えていただき、
コーチングのスキルを活かして、さらに、
より良い生き方をしていきたいと意欲的になることが出来、
先生には大変感謝しております。

前置きが長かったのですが、実は先生は音大のピアノ科卒で
コーチング指導の前は、ピアノの教師をされていました。

先生の人前での演奏を聴くのは2回目で、
今日はバイオリンとのコラボでしたが、
とても音色が綺麗で、なにか意志のある、
力強い響きをいつも感じます。

曲目は、ベートーヴェンのロマンスなどの
クラシックに始まって、ピアソラや情熱大陸などの
今流行の曲で締めくくり、あっという間の1時間、
もっと聴きたい気持ちでした。

先生はコーチングの指導に専念されるために
ピアノ教師をやめられてからは、好きな曲を
自分のために楽しんで弾いていらっしゃるとのこと、
とてもうらやましく思いました。

このコンサートは平日の10時からということで、
子育てのお母さまたちの癒しの時間という設定で、
演奏の合間のコーチング的トークも
とてもためになり、楽しかったです。

先生のことはこちらからどうぞ!

子育てコーチング~filled with joy coachinng


コンサートの後は、せっかく湘南に来たのだから、と
いつもの電車の旅も・・・!

大船から江ノ島まで湘南モノレールにのりました。

中村写真2 197

レールにぶら下がって、時々進行中に左右に揺れる感じが
昔、遊園地で乗った回る飛行機を思い出して懐かしいです。

江ノ島から鎌倉までは、「江ノ電」に乗り、初夏の海をながめ、
昼食に、名物の生シラスを食べました。

中村写真2 200

中村写真2 198

中村写真2 199

なんと新鮮で美味しかったこと!

4時前に帰宅し、その後いつもどおりレッスンしました。

有意義な一日に感謝!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

鉄子の旅~ライトアップのスカイツリーを見に~

2012-05-29

27日の日曜日、午後からひとりで都電荒川線に乗り、
沿線のバラ見物を堪能した私が、ふと見上げた夕方の空に

ジャーーン!とスカイツリーが微笑んでいるではありませんか!
意外と近いかも・・・・!

今日は都営交通一日券(700円)を買ったので、
都バスか、都営地下鉄に乗って行けます。

「まだ、間に合うな、都バスで飛ばすぜい・・・!」

鉄子は、動物的に体が動いて即行動なので、
もう日暮里からバスに乗ってます。

浅草を過ぎると、さすがに近い!
バスの窓からも十分見えます。

ライトアップは7時、スカイツリー駅入口に着く頃には
黄昏のツリーを見ること出来そうです。
お天気も良いし・・・。

バスを降りて上を見上げると・・・

もう、感動!!!!

中村写真2 189

中村写真2 190

ここが入口です。
残念ながら展望室へのチケットは持っていませんが、中へ入れました。

中村写真2 191


しょうこさんのご主人が貼った石の壁はどこだろ、と探しましたが、
広いし、何がどこでどうなっているのかわからない!
(しょうこさん、今度案内してね!)

まあ、今日は鉄砲玉のように突然来たんだし、
行ける所だけ見てみます。

向かいにある31階のソラマチダイニングスカイツリービューは
地上150mからタワーを間近で望めるビューポイント、
とガイドのチラシに書いてありました。

上がって見るのはタダ!
エレベーターで昇って見ました。

中村写真2 196

ここからの夜景も綺麗!

中村写真2 195

スカイツリーの展望室はもっとすごいのかな!?

次の楽しみも残して、ショッピングゾーン「ソラマチ」
に行きました。

中村写真2 194

下町らしい産業も垣間見て。

中村写真2 193

1時間くらいの滞在でしたが、十分楽しめました。
今度はお友だちとワイワイにぎやかに、
ゆっくり食事やショッピングを楽しみたいですね♪


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

鉄子の旅~都電荒川線沿線のバラを見に~

2012-05-28

昨日の日曜日は、「都電荒川線」沿線のバラが満開
との情報を聞き、午後からひとり出かけて来ました。

都電「荒川線」は、早稲田と三ノ輪橋を結ぶ、
東京で唯一の路面電車です。

都電荒川線と沿線のバラ

バラが沿線の両脇にたくさん見られるのは、
「荒川車庫」から、終点「三ノ輪橋」までの区間。

運良く、レトロ車両の「バラ号」に乗ることが出来ました!

中村写真2 181

中はこうなっています。

中村写真2 178

吊り皮にもバラの花が!

中村写真2 179


沿線には地元の方々が大事に育てているバラの花がたくさん、
今まさに満開で、とても綺麗でうっとりと見とれてしまいます。

これを見に来る人たちは、ほんとにたくさんいて、
私も毎年この時期は必ず見に来ます。

中村写真2 182

中村写真2 187

運転手さんの後ろ横が「鉄子の特等席」!
近づきすぎて運転の邪魔にならないように、
じっと前方、横を一緒に見るのです・・・。
まるで、運転しているような快感!!!

中村写真2 180

路面電車の良さは、ゴトゴトと独特の振動に揺られながら、
ゆったりした時間を楽しめることでしょうか!

私はいつも電車に乗る時、「旅する」と思っていますが、
普通の人は移動の手段でしかありませんね。

終点の「三ノ輪橋」に着きました。
ここは、昭和の面影あるアーケード商店街が
長く続いていて、昔からあるだろう商店が
たくさんあります。

中村写真2 183

こんなお店見つけました!

中村写真2 184

いつもここに来たら寄る、たこ焼きの店で
今日も食べました。
「大阪風ねぎたこ」うまーーい!
やっぱり、これ一番好きやわ・・・!

中村写真2 185

駅のそばで、ふと目線を上げると、なんと
あの「スカイツリー」が近くに見えるではありませんか!

もうこれは行くしかない!と一人、この後、
ライトアップの「スカイツリー」を見に、
「旅」は続きます・・・・

明日を乞う期待♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

中井正子先生のドビュッシー紀行

2012-05-25

今日は、表参道カワイ・パウゼで中井正子先生の
「ドビュッシー紀行」演奏&レクチャー
に行って来ました。

副題に、~ドビュッシーの音楽を背景にパリの街を歩く~
とありますが、今日はドビュッシーの生家のある、
サンジェルマン・アレを紹介、生家も初めて見ました。

意外と質素な生家で、ドビュッシーの両親は普通の、
どちらかというと貧しい家庭だったそうです。

9歳の時、ピアノレッスンを開始、2人目の熱心な教師のおかげで
1年後にはパリのコンセルバトワールに入学、
その後、12年間勉強続け、その間にパトロンに連れられて
いろいろな所へ行き、見聞を広め、私たちの知りうる
たくさんの作品を書いていったそうです。

コンセルバトワールはソルフェージュを
とても重視するので有名だったそうですが、
ドビュッシーはそのアカデミックな教育や、
当時流行していたサロン風音楽に反発して、
独自の音楽スタイルを作り上げていったと教えていただき、
なるほど、と思いました。

こういった説明を、何もメモも見ずに視線を私たちに
ぴったり合わせて、情熱をもって語る中井先生の
お話にびっくりし、感動しました。
たくさん出てくる人名も全部覚えておられるのです!

先生の深い知識、ドビュッシーに対する
畏敬の思いを知り得て、とても心地よい時間を
共有しました。

もちろん、先生の演奏も素敵でした。
今日演奏されたのは、

「夢」
「バラード」
「ダンス」
「版画」(塔、グラナダ、雨の庭)

私にとってとても参考になったのはペダリング。
なかなか、ウナ・コルダを上手に出来ないのですが、
家に帰ったら、頑張って練習してみたくなりました。

このセミナーは今日初回、毎月一回開催されます。
(全5回)

次回は6月22日(金)、少年時代のことを
お話されるそうです。

楽しみです♪

中井正子先生 ドビュッシー紀行

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

暑い日はエスニック料理で元気に!

2012-05-23

今日は一転快晴、暑い日となりましたね!

こんな日は暑気払いにエスニック料理をよく食べます。
今日は、インドネシア・バリ風の「ミーゴレン」。

中村写真2 324

マレー風焼きそばで、香辛料がバッチリ効いて、
元気になります。

エスニック料理店でセットで売っている物に
野菜や海老を加えて作ります。
(香辛料を調合するのは大変です!)

イスラム系の料理なので、豚肉は使わないで、
鶏肉を使うようですが、私は肉より海老が合うと思いますね。

焼きそばを作るのと同じ要領で、簡単ですよ!

タイ風サラダ「ヤム・ウン・セン」(春雨のサラダ)
も一緒に作りました。

中村写真2 325

これもセットを利用すると便利です。
カルディ・コーヒー・ファームなどにも置いています。
野菜(きゅうり、玉ねぎ、きくらげ、赤ピーマン)と
ゆでた海老・鳥ひき肉を香辛料で和えます。

いつか東南アジアに旅行して、
本場の味を堪能してみたいと思います。

最近のマイブーム・・・作った料理を写真に撮ること♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

スペインピアノ作品を弾く会

2012-05-21

昨日、スペインピアノ音楽ばかりを弾く
コンサートに行ってきました。

わが国のスペインピアノ音楽研究の第一人者、
ピアニスト上原由記音さんの企画です。

弾かれる方々の年齢層は幅広く、
皆スペインの音楽が大好きなのだなあ、と感じ、
その思いが伝わってきました。

もちろん、由記音先生も後ろでご覧になって
エールをおくっていらっしゃいました。

スペイン音楽と言うと、真っ先に浮かぶのは
グラナドスのスペイン舞曲集。
アンダルーサを昔聞いて、私もやってみようと
買った本が、上原先生監修でしたので、ここで
初めてお目にかかるのがほんとに楽しみでした。

お会いして、ほんとに赤のドレスの似合う、
大変チャーミングでステキな方でした!!!

話は上原先生のことになってしまいましたが、
ひとつの国の音楽をくわしく研究し、
あまり知られてない曲なども皆に紹介して
くださること、とても素晴らしいことで、
私たちはたくさんの曲を知る機会をいただいて
本当に嬉しく思います。

また、本筋から脱線してしまいますが、
スペインの偉大な芸術家は・・・
ピカソ、ダリ、カザルス、ギターの神様セコビア
など、たくさんいますが、私昔セコビアのコンサート
行ったことあるのです。
30年くらい前、東京公演でした。
とても暖かい深みのある音色で、
ギターを弾かない私でも惹きつけられる、
素晴らしい演奏でした・・・。

今日たくさんの曲を聴いていたら、
セコビアのギターの音色を思い出していました。

そして、フラメンコ!
弾かれている方々もメリハリあって情熱的な感じです。

すごく気持ちよさそうにノリノリで楽しそう!

たくさんのステキな曲を聴いて、
私もいろいろと弾いて見たくなりました。


尚、6月27日(水)10時半から、表参道の
カワイ・パウゼで上原先生のスペイン音楽の
レクチャーコンサートあります。

私はもちろん行きます!ご一緒にいかがですか!
上原由記音先生 スペインピアノ作品レクチャー

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

タイ料理つくりました

2012-05-15

今日の晩ご飯、タイ料理作りました。

パッタイ(タイ風焼きそば)

グリーンカレー

中村写真2 326

パッタイは市販のパッタイセットを買ってきて、
袋に書いてある手順で簡単に作れます。
日本の焼きそばの材料にタイの香辛料と
仕上げに溶き卵をからめるのが特徴です。
米粉の麺で、さっぱり軽くもたれません。

グリーンカレーはビンに入っているペーストだけ買って、
自分風にアレンジします。

フライパンを暖めて、ペーストを入れ香りが漂ってきたら、
それに鶏肉、茄子、たけのこ、しめじを加え、
水、鳥がらスープの素を入れて煮込みます。

このとき、タイ料理にかかせない、こぶみかんの葉、
カーと呼ばれるタイの生姜、レモングラスの葉、
を入れますが、これらはすべてエスニック食材の店で
手に入ります。
乾燥したものですが、大久保あたりの専門店に行くと
タイ直送の生の葉っぱのものが手に入ります。

仕上げは、ナンプラーで味付け、
忘れちゃならないのが、ココナツミルク。
最後に赤ピーマンと海老を入れて出来上がり。

なんともアバウトで分量は適当でもちゃんとそれなりの味に
なるのです。

一晩寝かせると、柔らかい辛さに落ち着きます。

礼宮様と紀子様がご成婚のときに、タイ料理がブームになって
その前から作っているから、結婚と同じ年月、26年間
しょっちゅう作っている大好きな料理です。

食べる時に刻んだ香菜(シャンツァイ)を盛って、
辛いからミルクを飲みながら食べます。

香菜の香りがまた、たまらなく好きで、山盛りにのっけます。
タイ料理のエスニックな香りと見事に合うのですね!

食べた後は、不思議と体中が活性化し、元気になり、
体内温度が上がるようです。

これからの時期、暑さに負けない私の「元気の素」です♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

「花桃」を見に南信州へ

2012-05-11

連休の後半、「花桃」の花を見に南信州に行ってきました。

「花桃」ってご存知ですか?
 
花見大好き人間の私ですが、「花桃・・・?」
今まで知らなかったのですが、親しいライターのM先生が、
この連休に南信州に見に行かれて、そのブログを見たら・・・!

何とゴージャスな、今まで見たことのない美しさ!

思い立ったらすぐ、もう出かけていました。
連休はレッスンお休み、頑張って「断舎利」をしていましたが、
ちょっと飽きてきて・・・ちょうどよかった!

今回は電車には一回も乗らず、ずっとバス旅でした。

新宿から長野県の「飯田」まで高速バスで4時間、
そこから地元の路線バスで40分。

「昼神温泉」と言うところまで行ったのですが、
そこから、「花桃の里」というたくさん咲いている集落へは
バス便がなくて、今日はこの温泉で泊まり、周辺を散策。

旅館はどこも満室で東京では取れなかったのですが、
現地に着いてからキャンセルが出て、運良く泊まり確保。

山の中の温泉場集落と言った感じで、温泉も
美肌ツルツル系で肌触りよく、とてもいい泉質でした。

宿の食事は山菜や鯉の旨煮が美味しかった!

中村写真2 154

翌朝、シャトルバスで、ここからさらに20分ほど山奥の
「月川温泉集落」へ。

普段は「恵那山」への登山者のベースとなるところだそうです。
山登りは・・・しないなあ、体力もないし、重い荷物背負って
登ったらまた降りてくること考えると大変そうで・・・!

雨が時折降るあいにくの天気でしたが、川沿いに咲き誇る
満開の「花桃」
中村写真2 162

1本の木に、白、ピンク、赤と三色混ざって咲くのは、
苗の時に接ぎ木をするからだそうです。

中村写真2 158


中村写真2 159

あの福沢諭吉の孫が、ドイツから持ち帰って、
この南信州に植えたのが始まりとか・・・。
以外なルーツを知りました。

東京近辺でたまに見かけたことあるな、と思い出しましたが、
こんなたくさん植えてあるのを見るのは初めてで、もう感激!!!

中村写真2 162

中村写真2 161

中村写真2 157

写真にはこの情景、雰囲気が納まりきらないのが残念!

ここは名古屋からバスで2時間半位のところなので、
名古屋、関西方面のかたが良く来られるそうで、
あまり関東以北では知られていない、と思います。

13日までは「花桃まつり」をやっていて
まだ咲いているとのことで、今度の
週末に行かれてみてはいかがでしょう!

車で行けば、中央道まっすぐ、
「飯田」のインター降りて30分位です。
私たちは足がバスだったので、あちこち行けなかったのですが、
車があれば、周辺の街道沿いにある
たくさんの「花桃」の集落へ行けます。

十分花見を堪能した後は、信州手打ちそばを食べて帰りました。

中村写真2 164

お土産は、たくさんの山菜。
翌日、天ぷら作りました。
このなんともいえない苦味が、春一番の楽しみ!

中村写真2 165

リフレッシュした2日間。
M先生、教えてくださって、本当に有難うございました。


きれいだと思われたら、ぽちっとお願いします!
   ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

実家で食事会

2012-05-04

今日は、実家に両親の介護、手伝いに行く日。

連休で、私の家族、弟も来て、一緒に中華料理店で
夕御飯を食べました。

私の両親は父85歳、要介護1、母82歳、要介護3で、
どちらも認知症ですが、ヘルパーさんの援助を受けながら、
二人でなんとか自分の家で生活出来ています。

かかりつけのお医者さんは、二人で老人ホームに入らないと
何が起こっても知りませんよ、みたいに言うのですが、
二人は自分の家で暮らしたいと希望して、それを拒んでいます。

公的支援があるおかげで、介護にかかる月々の支払いも
それほど高くなく、ヘルパーさんは1日3回入って、
とても親身に世話をしてくださるおかげで、今では
娘の私の負担はそれほど大変ではなくなりました。

私はヘルパーさんが時間が足りなくてやり残したことをやったり、
両親の話を聞いたりして、日々同じサイクルで
過ぎていくのですが、ここまでの軌道にのせるまでは、
とても大変でした。

父はお酒をたくさん飲むので、それが原因で何回も具合悪くなり、
入院することが多いのですが、本人いわく、
お酒が元気のもとだからこれを禁止されたら、死んだも同然だと、
言い張ります。
お医者さんにだめと言われても、呑むのをやめません。

周りのものは、何回も酒を控えるように言うのですが、
本人はもう聞く耳を持ちません。

そのことで何回も衝突があり、神経をすり減らしてきましたが、
人生どう生きるかはその人のもの、と今は考え、
好きなようにしてもらっています。

一日中ずっと呑み続けているわけではないので、
日常生活にはさほど影響していないのが救いですが・・・。

そんなこんなで、何とか今は出来ていることが、そのうち
そうもいかなくなるだろうな・・・などとあれこれ思いますが、
こうして、皆でお酒を呑んで楽しく食事をするときの両親は、
とてもうれしそうで、唯一の楽しみだと思います。

親孝行ってどういうことかな・・・?、ふと考えた時、
その生き方に寄り添って、支えていっしょに歩んでいくこと。

自分の意見を押し付けない、自分の楽なやり方でやらない。

大変ですが、両親が喜ぶ顔をもっとずっと見続けたいです。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
プロフィール

pianokyuden

Author:pianokyuden
世田谷区千歳烏山・給田のピアノ教室です。
「親子にやさしい、楽しく身につくピアノレッスン!」
をモットーに、地域の方がたに愛されるお教室づくりに励んでいます。
ひとりひとりの、こんな風に音楽を楽しみたいという
「夢」をかなえてあげたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
CalendArchive
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。