スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランスのソルフェージュ

2013-05-26

昨日、レッスン終わった3時ごろから、のどが痛く、
急にだるくなり、風邪の症状で、実家の手伝いはパスし、
夕食もとらずに、ずっと寝てました。

こういう時はほんとによく寝られるもので、
普段の睡眠時間は5,6時間なのに、
12時間くらい寝ました。

おかげで、今朝は多少具合がよくなり、
2人の振り替えレッスンをした午後は

月に一度通っている、フランスの
「フォルマシオン・ミュジカル」という
ソルフェージュのレクチャー&レッスンに行きました。

この内容については、とても奥が深く、
一言で言うには、あまりにももったいないし、
まだうまく人に説明できる様な状態ではないので、
今後、少しずつ、理解したことを書いていきたいと思います。

ピアノの練習はしても、歌ったり、聴音をしたり、
ということを最近はあまりしていなかったので、

ソルフェージュのレッスンは、老化していく自分自身の五感を
活性化させる、とても有意義なものです。

フランスのソルフェージュということで、教材はみな
フランス語で書かれていますが、楽譜は万国共通、

先生の説明を聞きながら、歌って、聴いて、理論を学習して、
あっという間の3時間です。

特徴的なことは、名曲を素材にして、ひとつの曲を、歌ったり、
終始形を調べたり、聴音したり・・・、

今日の曲は、クープラン、ヘンデル、テレマン、
そしてシューベルト・・・など。

毎回先生の選曲が大変素晴らしく、
たくさんの曲をここで知りました。

ソルフェージュを学ぶためのソルフェージュではなく、
名曲を理解する、音楽的に奏でるためのソルフェージュなので、
歌っている時、曲の美しさに触れながら、
とても気持ちよくなります。

音楽を奏でる楽しさを感じます。

本来のソルフェージュの意義ってこういうものなのに、
どうして、日本の音楽教育には今まで
あまり登場しなかったのだろう!?

本家フランスでも1978年ごろからソルフェージュを見直す
動きが起こり、今のフォルマシオンの形が出来ていったそうです。

この際、より理解できるように
フランス語も少しずつ学んでいこう
と、ちょっとだけ意欲的に思っています。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

久しぶり、仙川隠れ家ランチ

2013-05-24

今日は久しぶりに、地元仙川の白百合女子大近くの
隠れ家レストランで、親しいピアノの先生2人と
ランチしました。

ここは、私のブログでも2回ほど登場してますが、
その度に、「どこですか?」と問い合わせがあり、
ご紹介してますが、オーナーさんによると、

来られる方は、皆同じふんいき、
同じ空気感の素敵なかたばかり!と喜ばれました。

何か、ピンと来る、通ずるものがあるのでしょうか!

木・金のランチだけの、駅からは遠いけど、
いつも一緒にいく地元のピアノの先生との
秘密の場所です!

野菜がたくさん、でもメインはお肉だったり、お魚だったり、
タイカレーだったり、いろいろ変化があって、
ボリュームたくさん、お腹は十分満足です。

オードブルから、メイン、デザートまで
ほんとにたくさんの食材を少しずつ、

とてもきれいに盛り付けてあって、到底私には作れない、
楽しみでしょうがない、一番お気に入りのランチです。

お値段は、これで元がとれるのだろうか・・・と
申し訳なく思うほど、お安いのです。

オーナーのNさんは本業はシェフではなく、
違うことをされています。
その他に、演劇の公演にも出られたり、
(今年の1月、見に行きました!)
いろいろ多才な方で、もうそのセンスのよさは
お家の中に入れば誰でもわかります。

その上、少女のように可愛らしいのです!

今日もお料理の合間、おしゃべりしましたが、
とても楽しそうにいろんな事を語ってくれます。

お料理は・・・季節感たっぷりの

オードブルには、ソラマメのポタージュを添えて
中村写真2 282

今日のメインは、なんと、タコライス
辛ーーーい、ハラペーニョを添えて

中村写真2 283

デザートは2品、コーヒーもとっても香りがいいのです

中村写真2 284


すべて、とても手がかかっているのがわかる、
とても美味しい、旬の味でした。

時間の経つのも忘れて、おしゃべりに花を咲かせました♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

ピアノの音色が変わった!

2013-05-23

小学3年生のMちゃん、ピアノを習い始めて3年目です。
いつも、ひとりできちんとレッスンに来ます。

この6月に、ピティナ・ピアノステップに初めて出るので、
今、一生懸命練習しています。

バスティンのベーシックステクニックの最後の曲、
ピアノの音色が今日はとてもきれいなのにびっくりしました。

一番はフォルテ、2番はピアノ、と強弱付けて弾くのですが、
そのピアノの音は小さくても、はっきりと粒がそろって、
今まで出したことないような響きがしました。

弱音をきれいに出すのはとてもむずかしいですね。
ビロードのような響き・・・とよく言いますが、それです!

もう、こういう時、なんというか、目を見張るというか、
Mちゃんの顔の表情から、指先まで、まじまじと、
みつめてしまいました。

「やったね!この音が出せるようになったんだ!」

以前に何回も弾きかたのアドバイスをしても出なかった音、
ここでふと、自然に出てきた・・・!

もう、うれしいのなんのって!
教師冥利に尽きる、の一言です。


「きれいな音、きれいな響き!で弾こうね」

「自分の出す音をよーーく聴いてね!」

今まで根気よく努力してきたことが、
こうやってひとつづつ実を結んで、
先に進んでいくのですね♪

お母さまにお伺いすると、最近はピアノばかりでなく、
漢字検定も受けるそうで、小さいのに、
時間をうまく使って、一日を過ごされているとのこと、

ピアノの練習は毎朝、学校に行く前にもされるそうです。

去年の発表会で初めてソロを弾く時も、
難しい曲に挑戦したよね!
(平吉穀州『チューリップのラインダンス』)

目標が出来ると、それに向って頑張っている姿は
とても感心します。えらいよね!

生徒さんとのお付き合いは10年にも及ぶから、
こうして時々、成長する姿をはっきりと実感できる瞬間、
ほんとうに、ピアノ教師をやっていてよかったと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

今年も行きました、都電荒川線のバラ

2013-05-19

今日は久々のオフ、
今週は両親の世話で忙しく実家を行き来していたので、
ちょっと気分転換をしたくなり、
5月中旬ということで、都電荒川線沿線のバラを見に、
鉄子の旅、してきました。

最近は両親が高齢であまり遠くへ行けないので、
鉄子も旅も、首都圏沿線中心です。

それでも、久々でした。

今年は桜同様、バラの開花も早かったのか、
盛りは過ぎていましたが、十分きれいでした。

これ、バラ電車と呼ばれる、特別仕様の車両、
つり革などにバラの花がたくさんついています。
めったに走らないので、あいにく今年はのれませんでしたが・・・。

中村写真2 279

新型車両

中村写真2 278

鉄が好む、昔からの車両

中村写真2 277

終点、三ノ輪橋駅もバラで埋め尽くされています。

中村写真2 281

沿線はこんな感じ

中村写真2 280

鉄子としては、大事なことは、季節感です。
その季節を最も表しているとき、
乗りに行きたくなるのです。

この趣味のおかげで、どんなに疲れていても、
いやなことあっても、すべてふっとび、
明日も頑張ろう!という意欲がわいてくるのです。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

父のお友だち=アルコール

2013-05-17

今日は、実家の父の検診に付き添いました。

父は2年前に大腸癌を患い、初期とはいえ、
大腸を20センチほど切除、

その後定期的に検診に通っていますが、
ずっと数値がよかったのに、前回の血液検査で
腫瘍マーカーの値が400と高く、
転移を調べるためにおととい、より精密なCTの検査をし、
今日その診断を受けに大学病院へ行きました。

結果は、数値は80とガクっとさがり、血液検査も
前回よりよくなっているとの事で、ひとまず安心。

こういうことはよくあるそうですが、よくわかりません・・・ね!

母が先月末に股関節を骨折して、
また父一人での生活が始まり、
食生活があまりよくなかったので、
どんなものかと心配しておりました。

母がいないと、精神的に不安定になり、
そわそわと落ち着かなかったり、
食欲がなくなって、食事の量が減ってきたり・・・。

母の存在が大きいことを改めて感じました。

毎日、ヘルパーさんが朝夕と入り、
父の身の回りの世話や、食事の支度をしてくれますが、
手付かずで残っていたりすることもしばしば、

そのくせ、お酒は昼、夜と2回必ず毎日飲むのですから、
体にいいはずありません。

朝食べないで、いきなり昼にビール!
癌になってから、先生からは
「飲まないに越したことはないですよ」と言われても、

酒はお友だち!と全く言うことを聞かない父。

もうこれは自己責任!と私も腹をくくって
したい様にしてもらってます。

父の酒はどんなことをしても、
やめさせることは出来ないのです。

一生懸命働いて、86歳まで生きてきたのだから、
好きなようにして人生を終わる・・・
そんな父の気持ち、分からないこともないです。

体のことを思って、最初はよく怒ったり、
衝突したりしてましたが、もう自然のなりゆきに
任せる方がよい、と思ってそうしています。

昭和一ケタ、この世代の父親は頑固ですね!

でも、ずっと長生きして欲しいから、
時々は小言、言わないと・・・ね!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

よそから移ってこられた方のレッスン

2013-05-16

年度始めの今頃、よそから移ってこられた方が
毎年必ずいらっしゃいます。

今まで使っていたテキストを見せていただいて、
大体それを引き続き使うようにしています。

前の先生がどのようなレッスンをされていたのかを
知りたいのと、生徒さんに安心感を与えるためです。

何事も、一番最初の先生、教材は、教わるほうは
とても印象深い想いがあり、忘れられないですね。

私自身もそうでしたが、最初についた先生のやり方に慣れて、
それを無理に変えた時、頭の中が混乱することがあります。

だから、よかったところも、そうでないところも、
全部ひっくるめて、
その方がされてきたことをすべて受け入れ、

まず、コミニュケーションをとって、おしゃべりしながら、
だんだんと、私のやり方を受け入れてくださったらよいな、
と思います。

先生も生徒さんもお互いに緊張してますから、
ひとつひとつ、十分な会話を通して、

これからのレッスンを楽しく、ためになるように
持っていけたらよいですね。

そして、時間中ずっとピアノを弾くことだけではなく、
歌わせたり、リズム打ちをしたり・・・。

また、あまり練習してなかったり、
間違えた指使いなどしていても、

あからさまに指摘することなく、
そっと、こっちの方がやりやすくていいよ、
みたいな言い方をします。

生徒さんには出来るだけリラックスして
レッスンを受けてもらいたい、
作らない「素の姿」をみせてほしいです。

レッスンが終わって帰られた後も、
ああ、こうしたほうがよかった・・・とか
前の先生と比べてどう思っているのかな・・・などと
あれこれ考えすぎてしまうのは自然ですね!

生徒さん、保護者の方との信頼関係の上に
はじめて私のピアノのレッスンは始まるのだ!
といつも思っています。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村






発表会の効果

2013-05-14

幼稚園年中さんのHちゃんは、4歳。
今月で習い始めて1年たちました。

去年の今頃は3歳で、やっと幼稚園になれたところ、
といった感じで、まだ始めるには早いかな?
とも思いましたが、とても笑顔が明るくて、
お歌大好きだったので、レッスンを始めました。

最初のうちはなかなか言うとおりに動いてくれず、
「やだ・・・!」を連発。
なかなかレッスンになりません。

でもお母さまのサポートが素晴らしくて、
毎回レッスンでやったことをメモ、
お家で必ず復習されてました。

時にはお母さまもキレそうになるところをこらえて、
そんなこんなで夏が過ぎ・・・、

9月ごろから12月の発表会に向けての準備を始めました。

まあ、仕上がるまでには壮絶なバトルがあったのですが、
初めての発表会を本当に楽しみにして、
お母さまとの連弾をたくさん練習し、

当日はもう、うれしくてうれしくて、ニコニコ手を振って登場!

とても上手に無事弾き終り、
アンサンブルの合奏も大きな声で歌いながら、
同じ幼稚園児をひっぱっていってくれる熱演!

子供って思っている以上の力を発揮するんだな、と
久々に感心しました。

その後は、もうピアノレッスンで駄々をこねたりすることなく、
毎回きちんと練習して来てくれます。

言われたとおりに、きちんとやってくれます。

お母さまのご協力は多大で、とても感謝しておりますが、
発表会での達成感が、本人のやる気に火をつけたのでしょう♪

発表会を「楽しい!」と感じてくれて私もホッとしました。

今日ピアノパーティーの最後の曲、
「びんご」を一生懸命弾く姿に、
この1年を振り返って、感無量です。

じわじわっとうれしさが沸いてくるのです!

Hちゃんの書いてくれた絵、私かな?

中村写真2 275

折り紙でミッフィーちゃんを折ってくれました

中村写真2 276

これからも楽しくレッスンして行きましょう♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

関本昌平さんのトークコンサート

2013-05-13

今日は、私の所属するピティナ山の手支部総会の後、

ピアニスト、関本昌平さんのトークコンサートを
聴きました。

関本さんは小さい頃からその才能を発揮し、
数々のコンクール入賞を経て、現在とても有望な
若手ピアニストです。

テーマは

ドイツの3大「B」を味わおう!

バッハ、ベートーヴェン、ブラームスを

関本さんが厳選された曲をもとにその人物像などに触れて、
解説され、時間が少なかったので、一部を弾かれました。

曲目

バッハ     トッカータBWV911

ベートーヴェン ピアノソナタ28番

ブラームス   後期の作品より119


3人とも、時代にながされず、信念を曲げない、
一途な作曲家であったことを強調され、

そういう作曲者の真髄にふれて、共鳴して弾かれている
ということを、すごく感じました。

作曲家、演奏家、いずれも深く共感したとき、
素晴らしい芸術が生まれるのですね!

アンコールのショパンの「英雄ポロネーズ」と共に
迫力と、気合の入った素晴らしい演奏でした♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村 

母の日

2013-05-12

今日は5月第2日曜日、母の日でしたね。

朝から振り替えレッスンや、たまっていた家事をこなし、
やっと一息ついて、お昼は夫が鯛茶漬けを作ってくれました。

中村写真2 273

母の日だから、オメデタイというよりは、前々から
鯛茶漬けを食べたい食べたいと、夫は言っていたので
実家の近くのスーパーでたまたま四国・宇和島産の
鮮度のよい鯛の刺身を昨日買ってきておいたのです。

ちょっと茶漬けにするのはもったいない気もしましたが、
ごまペーストとしょう油で味付けして、
出し汁をかけて頂いたら、とても美味しかった!

ぜいたくな一品ですが、趣き変わっていいですね。

夜は、久しぶりに娘も早く帰宅して一家三人、プラス一匹で
食事をしました。豚のしょうが焼き、山菜の天ぷらなど、
ごくふつうの献立ですが、今度は私が作りました。

母の日のプレゼントは毎年夫と娘が一緒にしてくれますが、
今年は、これからの季節、首元が日焼けしない様に、
スカーフをプレゼントしてくれました。

中村写真2 274

娘の見立ては、淡いオレンジの色調で、顔が柔らかく見えそう。

今、就職浪人して、就活真っ最中の娘ですが、
気配りがとてもうれしく、早くいいところ決まらないかな、
と切実に思いました。

このところ母の入院などで忙しく外に出て、疲れ気味でしたが、
今日は自宅でゆっくり、よい母の日を過ごせました。

ありがとう!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村



ゴールデンウィークが明けて

2013-05-10

ゴールデンウィークが明けて、通常レッスン再開しました。

5月から、3人のかたが新しく入会され、初レッスンを始めました。

新しい方の最初のレッスンはお互いにとても緊張します。

体験レッスンで一回レッスンしたものの、
これからが本番、気持ちを引き締めて新しい出会いに感謝して、
一回目のレッスンを始めます。

最初は使用教材の説明や、連絡事項などレッスンに入る前の
準備がありますが、生徒さんはレッスンをとにかく楽しみにしているので、
ささっとそれらを終えて、気が散らないうちにレッスン始めます。

幼児さんで入られる方が多いのですが、集中力は20分!

この中で、先生をまず好きになってくださって、
お友だちになることが第一、

うまく流れを切らせないように、
あまりたたみ掛けるようにはしないけど、

子供さんの目がずっとこちらにむいてくれているように
持っていきます。

事前にシミュレーションして、時間配分、指導案を
チェックしておきますが、そのように行かないこともあります。

子供さんの反応を見ながら、無理しない、
こちらのやりたいことを押し付けない、
じっくり、最初は「聴く耳づくり」、「弾くための指づくり」

最初のレッスンを終えて、1ヶ月は大事な時期ですね!

かなり神経も使いますが、疲れた時の甘いもの、
欠かせません。

地元、千歳烏山が誇るパティシエの店

「ラ・ヴィエイエ・フランス」のケーキ、サバランです。

あまり甘くなく、しっとりとリキュールの香りたっぷりの
大人のケーキです。

ケーキ食べてまた明日も頑張ろう♪

中村写真2 270

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

親子で楽しむファミリーコンサート

2013-05-08

中村写真2 272

今年も母校、国立音楽大学のファミリーコンサートが
開催されます。

去年、私のピアノ教室の鑑賞教室として、
生徒さん、保護者の方たちと行きました。

これは、普段まだコンサート会場には入れない、
未就学児、乳幼児もOK、小さい子供向け、
親子で楽しめる催しです。

小学生以下は無料、それ以上の方も当日500円を
入口で払えばよいのです。

スーパーの「いなげや」さんが協賛しているので、
小さい子供たちには、お菓子セットのお土産つき!

去年、私の生徒さんたちもとても喜んで帰ってきました。

5月10日から20日まで、整理券を申し込まなくてはならないので、
行ってみたい方は、お早めにどうぞ!

国立音大の出身者や関係者だけでなく、どなたでも行けるので、
お金がかからず、生のオーケストラの音色を
子供たちに聴かせるよい機会です。

今年のテーマは、「おどりと音楽~魅惑のバレエ~」
チャイコフスキーの三大バレエ・ハイライトが演じられます。

私も今から生徒さんたちと行くのをとても楽しみにしています♪

国立音大ファミリーコンサート2013


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

墓参り

2013-05-06

連休最後の日、
父方の祖父、祖母の墓参りに行ってきました。

父を連れて行くのが困難な今、

お墓はひとりでは行きたくないので、ランチをごちそうすると、
強引に夫を誘いました。

多磨霊園、武蔵野の自然のなかの、緑豊かな
とても環境よい墓地ですが、だだっ広いのなんのって・・・!

何回も来ているところなのに、今日は迷って30分位
同じところをぐるぐる回って、しようがないから、

管理事務所で聞いてからやっと、じじばばのところに
たどり着けました。

トホホ・・・・、これって物忘れ・・!?やばいです。

私の両親はもう二人ともかなりの年なのですが、

まだ、そちらの世界に呼ばないで・・・!!!

と、じじばばにお願いしてきました。

お花のほかに、じじにはお酒、ばばには饅頭、
と好物をおそなえしたものの、

肝心な「お線香」を忘れました!!!

ランチは私の食べたかったパエリアを食べました♪
何でも言うことを聞いてくれる、やさしい夫です!!!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

里山ハイキング

2013-05-05

5月5日、こどもの日なのに一人娘をおいて、
夫婦でハイキングに行ってきました。

中村写真2 266

行き先は、中央線高尾の2つ先の藤野という駅から
バスで20分、陣馬山の登山口の和田と言う集落。

中村写真2 265

鯉のぼりが山間に泳いでいます。
なんと雄大な光景!

お天気も快晴、すがすがしい緑が目にしみます。
自然がまぶしーーい!

中村写真2 263

ここは、日本里山100選にも選ばれています。

中村写真2 267


中村写真2 268

段々茶畑。

中村写真2 269

ここはいわゆる観光地ではなく、山の登山道入口の素朴な集落。

観光土産などの店は一軒もなく、民家の軒先では、
その家の人が作ったおやつをたまに売っています。

「味噌饅頭」を買って、歩きながらほおばりました。

素朴で、なんとも懐かしい味がしました。

中村写真2 264

山の藤の花も満開。


ゴールデンウィーークはどこへ行っても、人、人、人・・・!

それがいやで、あえてこのような、
人があまり行かない場所を探して出かけることが好きです。
帰りは8キロ歩いて駅まで戻りました。

緑のシャワーを浴びたあとは、立ち寄り温泉によって帰宅。
心身リフレッシュした日帰り旅でした。

山の恵み、山菜を買って天ぷらにしたら、ほろ苦い春の香り!

中村写真2 271

これが楽しみで、山に行きます。

今春、もう一回くらい行けるかな!?

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

烏山のつつじ園

2013-05-03

家の近所に、この界隈では知られたつつじの名所があります。
西沢さんという旧家の広い敷地に、
たくさんのつつじが植えられていて、
ちょうど、ゴールデンウィークの今頃が見ごろです。

ご好意で庭を開放され、入園料もありませんから、
たくさんの方々が見に来られます。

中村写真2 257

中村写真2 259

今年は桜も早かったですが、つつじも同様、
満開は過ぎてしまったようです。

でも新緑がまぶしい!

ここには毎年来ますが、休憩用のベンチなども置いてあって、
ちょっとひと休み、皆おしゃべりに花を咲かせています。

私は今日はひとりで、近くのコンビニでこれを買って食べました。

中村写真2 260

さわやかな五月の風に吹かれながらのお花見、
よい気分転換になりました!

このつつじ園の前には、ぶどう園もあります。

中村写真2 261

8月には、ここ世田谷でぶどう狩りが出来るのです。
昔、子供を連れて来ましたが、りっぱな巨峰でした。

この辺は世田谷といっても、はずれで、
武蔵野の面影がたくさん残り、自然の草木に
癒されますね♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

ミーちゃんのお気に入りの場所

2013-05-02

中村写真2 254

今日のミーちゃんです。

ミーちゃんはとても音に敏感で、掃除機をかけると
テレビの裏に隠れてしまいます。

ここは彼女の癒しの場所、壁紙は爪とぎで
剥がれ落ちているのがお分かりになりますか?

中村写真2 255

我家の一員になってから、もうすぐ3年、
てことは、3歳になるのですね。

家の脇で倒れていたのを保護して、私は猫を
初めて飼いました。

それからは、誰かが家にいるようにし、
家族一緒に旅行に行っても一泊で帰ってきてしまいます。

完全に家猫、つまり外に出さないで、家の中だけの生活なので、
こうしてよく窓辺にたたずんでお外を見ています。

自分が野良チャンだったころのこと、今でも
覚えているのかな・・・?

思いっきり外で走りまわりたいのかな・・・?

中村写真2 256

でも、「ごはんだよ---」の声には
即座に反応して、ぴょん!と飛び降り、
猫まっしぐら!です。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

幼児さんも五月病!?

2013-05-01

新緑の美しい、さわやかな5月になりました。

と言いたいところですが、ゴールデンウィークの谷間、
ちょっと肌寒く、小雨がぱらついたり、
時折風が強く吹いたり、安定しない天気です。

お教室に通われている3歳児さんが今春2人、
幼稚園の年少さんに通われることになりました。

オメデトウ!

最近我が教室では、3、4歳児の方が増え、
もう可愛いオーラに癒される日々ですが、

この年代の子供さんのレッスンが一番難しいと
思っております。

それは、自分がきちんとレッスンの進め方を
あらかじめ計画していても、相手はそれをスムーズに
受け入れてはくれない時もあるから。

それに対処しようとして、思わぬ方向に進んでいって、
それがかえってよかったり、私の言葉がけを振り返って、
ああ言ったらよかった、などと反省したり・・・

苦労は多いですが、これはすべての生徒さんに有効な
レッスン・アプローチと、

毎回のレッスンが非常に自分のためになっています。


先ほどの幼稚園に上がられた生徒さん・・・。

お二人とも1ヶ月たって、環境の変化にちょっと
お疲れが出ているようで、

一回も休まなかったのに、熱をだしたり、

いつもニコニコだったのが、不機嫌で、ママに抱きついて
駄々をこねたり・・・

まあ、こういうのはむしろ自然であたりまえの現象ですね。

集団生活、幼稚園もひとつの社会生活だから、
レッスンでそんな時でも、生徒さんが新しい生活に
慣れるまで、ちょっとこちらも様子を見ながら、
ゆっくりとかかわっていく・・・そんな感じです。

いくつもの体験を経て成長していく子供さんたちを
見させていただけること、とてもうれしいことです♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村





プロフィール

pianokyuden

Author:pianokyuden
世田谷区千歳烏山・給田のピアノ教室です。
「親子にやさしい、楽しく身につくピアノレッスン!」
をモットーに、地域の方がたに愛されるお教室づくりに励んでいます。
ひとりひとりの、こんな風に音楽を楽しみたいという
「夢」をかなえてあげたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
CalendArchive
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。