スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発表会の選曲

2013-07-31

12月に発表会を控えて、少しずつ弾く曲を
決めておりますが、

私は出来るだけ本人の希望を聞いて選ぶように
しています。

発表会はステップやコンペと違い、
出てその弾き方うんぬんを評価するものでなく、

当日を思いっきり楽しんでみんなでコンサートを
作り上げるもの、ととらえていますので、

あまり堅苦しい曲や暗い感じのものは避けて、
出来るだけ発表会の華やかな雰囲気に合った、
明るい曲を選んでいます。

中学生の選曲は一応終わり、これは本人と私だけで
話し合って決めました。

今は小学校低学年の方の選曲をしておりますが、
たいていは保護者の方を交えてお話し合いしながら
決めます。

低学年の方はまだあまり自分の意思をはっきり言わない、
どんな曲があるのか知らない、そしてよくわからない・・・
となってしまうので、親御さんと一緒に
時間をかけてじっくり選ぶのです。

この年の保護者の方の発表会に対する期待感や思いは
ほかの年代の方々に比べて、とても強いです。

まだお子さんも親に対する依存心が強い年ごろなので
お母さんと一緒に選ぶことに安心感を覚えるようです。

小さいお子さんのピアノの練習には、保護者、
たいていはお母さんの協力は絶対必要です。

お母さんのヘルプのもと、ちょっと難しい曲を
やっていくにあたって、私、生徒さん、親御さんの
三人のトロイカ体制で、自分一人で弾けるようになるまで
頑張って進めていくのです。

素敵な曲を発表会当日、自信をもって
皆さんの前でご披露出来るように、

そしてお子さんが、なにより達成感を
味わうことが出来るように

この夏休みからコツコツと始めていきましょう♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

理恵さんとのランチ、介護の話で盛り上がる!

2013-07-30

今日は、フェイスブックで知り合った、
ロシア通の「理恵さん」と初めてお会いして
ランチしました。

彼女はロシア語が堪能、翻訳などの仕事を
されながら、ご主人のお仕事先のモスクワと
東京のご自宅を行き来されています。

お互い、親の介護の話で盛り上がりました。

私は、近く母を老人介護施設に入れなければならないので、
既にこの五月に同じ経験をされた理恵先生に、
たくさんのことを教えていただき、大変参考になりました。

「そういう日はある日突然やってくる!」とおっしゃり、
去年の今頃はぜんぜんそんな気配もなかったとのこと・・・。

私の場合もそうで、この半年の間に母が2回も骨折し、
父の認知症のこともあって、泣く泣くその決断をしたのですが、

さて介護の施設に入れるといってもたくさんの選択があり、
どうしたらよいか、さんざん考えて迷路に陥っていましたので、
今日のアドバイスは本当に助かりました。

年齢は私のほうが上でしたが、同じ位の年の親を持つ介護世代!
いろいろとお話しが盛り上がって、あっという間に3時間が経ち、
レッスンのため帰る時間になってしまいました。

そのほかにモスクワでの生活、ロシアのコンクールのお話など、
たくさんのお話、聞かせていただいてとても楽しいひとときでした。

また8月初旬にはモスクワに行かれる理恵さんと、
帰ってきたらまたお会いする約束をして、別れました。

今度お会いする時は、事は進んでいると思われますが、
真っ先にご報告をさせていただきます!

理恵さん、今日はほんとに有難うございました♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

ミーちゃんの新しい首輪

2013-07-29

久しぶりの我が家の愛猫ミーちゃんの登場です。

実は、娘がミーちゃんに新しい首輪を買ってきて、
付け替えました。

リボンが可愛いのですが、
どうもミーちゃんはリボンが顔に当たって
嫌そうな表情・・・。

元に戻してあげたら?と娘に言っても
頑としてこれがいいといって聞きません。

ミーちゃんは複雑な顔してます・・・!

中村写真2 305

中村写真2 304

中村写真2 306

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

休日の過ごし方

2013-07-28

一週間、ブログをお休みしてました。

何だかレッスン以外にも用事が多く、
遅い夕食を食べると、もう睡魔が襲ってきて、
片付けもそこそこに、床に寝っ転がっていたりして・・・。

気が付いたら深夜なんてこともしばしば・・・。

先週の金曜日は親しいピアノの先生のお家に遊びに行って
久々に楽しいおしゃべりに花を咲かせました。

土曜日はいつも午前中から怒涛のレッスンを済ませて、
遅い昼ご飯を食べたら、実家に行ってます。

今日、日曜日はレッスンお休みで朝寝坊しようと
思ったのですが、猫のミーちゃんに5時に起こされ、
そのままテレビをつけっぱなしで見ながら、
家事に没頭してました。

買ってきた野菜の下処理、料理、洗濯など、これらは
本当に良い気分転換になります。

食べ物に手を抜くのは好きではないので、というか
自分の食べたいものを作って食べたいので、
野菜中心の献立を作り置きしておきます。

まあ、主婦なら当たり前のことなのですが、

家族が「うまい、うまい!」と言って食べてくれるのは
とてもうれしいので、手作りをがんばっています!

今は夏野菜がおいしいので、近くの農家の直売場で
ナス、キュウリ、オクラ、トマト、枝豆など買ってきます。

お友達の家に行く時も、新鮮な地元産の野菜、
持って行くと、とても喜んでくれます。

夏は暑いから、毎日汗をかきながら家事してますが、
新陳代謝を促して、結構いい運動になっていますね!

夕方はヨガ教室に行ってきました。

いつもこんな感じの休日です。

まったり休んで、また明日からの一週間
頑張ります♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

中学受験を無事終えて、またレッスンに!

2013-07-21

昨日、中学受験をこの春に終えて、
ピアノのレッスンを再開される
Yちゃんがいらっしゃいました。

1年半ぶりの再会、ずいぶん背も伸びて、
成長された姿、まぶしく感じました。

無事第一志望の学校に入り(凄い!がんばったね・・・)
一学期も終了、学校生活にも慣れたので
ぜひまたピアノを習いたいです、と伺って
とてもうれしい気持ちでいっぱいです。

クラブ活動もテニス部に入って一生懸命されている
ので、隔週の1時間レッスンにしました。

今まで使っていた教本を2冊、そのほかには
弾きたい好きな曲を自分で1曲選んで、
無理なく進められるようにしていきたいです。

私からこんなのはどう?と
久石譲の「Summer(サマー)」の楽譜を差し上げました。

私の好きな曲ですが、気に入ってくれたようです。

また発表会に向けて、楽しくレッスンしていきましょうね♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

中学の合唱コンクールの伴奏

2013-07-17

今日、中学一年生が2人、前後してレッスンにいらして、
2人とも、合唱コンクールのピアノ伴奏に選ばれた、と
大変うれしそうに報告してくれました。

その一人、Hちゃんは前々からこの伴奏をぜひやりたい、
と言っておりましたが、伴奏希望者は多く、気の強い子がいて
「私は負けそう・・・!」などと気弱な言葉を吐いておりました。

彼女、おとなしくて、自分の意見をあまり前面に出すことなく、
よく言えば控え目、逆にいうと消極的なので、

私は、「どうしてもやりたいなら、これだけ自分がやりたいと
皆に積極的にアピールして、そのお役目を奪い取ってでも勝ち取れ!」

みたいなことを言って、ハッパをかけました。
弱気な彼女だから言えたことでも、指導者として、
この発言はどうかな・・・!?

品位が問われそうです(苦笑!)

その言葉は結構効いたらしく、彼女は家でも強気に
頑張ることを宣言して、一生懸命練習していたそうです。

お母様から、「私が言ってもなかなかその気にならず、先生から
言っていただいてよかったです・・・!」

なんて、感謝の言葉をいただいて、「!!!」
我ながら、冷や汗かきました・・・。

小学4年生から中学2年くらいまでの女の子は、非常に
自己主張が強く、私の娘も同じような経験をしていましたので、

強い子に押し倒されないようにアドバイスしたのです。

学校でちゃんと自分の思いを言えて、無事その役目をゲットして、
Hちゃんは、大きな一歩、成長です。


もう一人のTちゃんは、日頃あまり練習しないのですが、
レッスンに行くことがとても楽しみ、
前からお母様にお聞きしていました。

私のことが好きなのかな・・? うれしいですね!

そんな、ピアノを練習しないTちゃんが、
やはり合唱の伴奏をふと、急にやりたくなって、

伴奏したいと申し出たら、
運よくほかにやりたい人がいなくて、
すんなりと決まったそうです。

でも全く練習もしてなくて、これから譜読みに一から
私も付き合わなくてはなりません。

一方、先ほどのHちゃんは既に、ちゃんと自分で曲を
8割がた仕上げています。

この2人の全く正反対のやりかたで得た伴奏、今後の成り行きが
とても楽しみです♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

1か月ぶりの大人の生徒さんのレッスン

2013-07-15

今日、病気と戦いながらピアノレッスンをつづけている
大人の方が、1か月ぶりにいらっしゃいました。

この1か月、ちょっと体の調子が悪く、自宅で
ご静養されてましたが、だいぶよくなられたとのことで
遠路はるばるいらしてくださって、とてもうれしかったです。

この1か月、ほとんどピアノを弾ける状態ではなかったそうですが、
すでに仕上げた曲を数曲、弾いてくださいました。

井上陽水の「少年時代」、彼女が大好きな曲です。

こうしてまた改めて聴くと、20年以上前にきいた時とは
違ったよさを感じます。

この生徒さんはビリー・ジョエルの大ファンで、今までほとんど
彼の曲を弾いていたのですが、日本人の曲は、やはり
心の琴線に触れるものがあるのでしょうか!?

辛いときに真っ先に弾きたくなるそうです。

今日は2コマ、一時間半の彼女のレッスンを通じて、
ピアノ教師として、何を彼女にしてあげられるか・・・

辛い彼女に何を伝えることができるか、自問自答しておりました。

最後に、直感的に、「エクザイル」の「もっと強く」の曲を
弾くように勧めました。

エクザイルは「ダンス・パフォーマンス・ユニット」
くらいにしか思っていなかった私でしたが、この曲を知って、
ほんとに素晴らしいな、と思えたのです。

それから、特にエクザイルが好きになって、ほかの曲をたくさん
聴いているわけではないのですが、心に残る曲です。

彼女と一緒にユーチューブで、彼らの演奏するのを聴きながら、
私もとても癒される、よいレッスンだったかな!?と思います。

エクザイル「もっと強く」
http://www.youtube.com/watch?v=J0TSrlig76c<br /><br /><br />にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村




a>

母が家に帰るも・・・・・。

2013-07-14

今日、実家の母が、2回目の骨折入院から退院、
半月のショートステイを経て、実家に戻りました。

実家ではヘルパーさん2人と今後の母の過ごし方など
事細かに打ち合わせしました。

久々の自分の家での生活に母も期待感を抱いて、
楽しみにしていたはずなのに、

やはり、実家での生活はまだ無理かな・・・と思いました。

危惧していた父の存在です。

残念ながら、歩行介助するということからは程遠く、
動作のゆっくりな母に冷たい罵声を浴びせ、
私の目の前で、足で母を蹴る・・・。

悲しいですね・・・。

父も認知症で、自分の感情のままに何でも行動するので、
それを我慢してまで母の面倒は見ない、と言う始末です。

母も、表情がこわばり、硬い表情のまま夕食を食べました。

それでも母の大好きな鮨をたくさん食べてくれて
ホッとしましたが・・・!

私は自分の家に帰ってから、夫、弟に相談して、
母にはまた介護施設に入ってもらうことにしました。

父は断固としてそういうところに入るのを拒否します。

やっと自宅に帰ってきた母がゆっくりくつろぐ空間は
ここにはありませんでした。

ほんとに辛いですが、父はヘルパーさんに支えられて
自宅でひとり過ごし、母は介護施設で父に気兼ねせずに
案外ホッと安心して過ごすのかな・・・・
なんて思っています。

あれこれ先のこと考えないで、
「なるようにしかならない」と

私自身もずいぶん前から腹をくくって
父母と向き合っています。

理解ある夫や家族、そして

いつも本当に熱心に介護してくださる
ヘルパーさんに、感謝、感謝!!!

「なんとかなるさ!ファイト!」

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

またいつもの毎日が始まりました。

2013-07-11

昨日、東北から帰りました。

3泊4日のリフレッシュの時間を過ごし、
家に帰ると、家事の山・・・。

異常に暑い東京ですが、北東北は雨と曇り、
時々日光がのぞく日々で、過ごしやすかったです。

今日で東京は5日連続の真夏日、汗だくで
掃除、洗濯をこなした後は、レッスンを再開です。

最初の4歳の年少さんの女の子のレッスンは
ここ1か月くらい、だいぶバスティンのパーティーAが進み、

この暑い中、きちんと40分、私の思うような
レッスンができるようになってきました。

小さい方はゆっくりゆっくりと、焦らずに
進めていっていますが、このように成長の姿を見るのは
とてもうれしいです。

次の方は大阪から転勤で移ってこられたご兄弟。

自然と大阪弁でおしゃべりしています。

私、リラックスすると大阪弁でしゃべるのですが、
旅行中は、ずっと大阪弁で話していました。

本人は気にもとめないのですが、同行者は
ちょっと気にしておりました(笑)

そのご兄弟は前に使っていたテキストを
ちょっと変えたのですが、だんだん
なじんでこられて、よかったです。

次の方は、中学3年生の方で、習い始めて
もう10年くらいになるでしょうか・・・!

あこがれのショパンの「幻想即興曲」にチャレンジ!

これを発表会で弾くので、さらいはじめは、
右手、左手の音、リズムを間違えていないか、
十分気を付けて観ています。

レッスン、食事の後は久々に「アメトーーク」見て
ひとりで笑いこけていました!

オンとオフを上手に使い分けて、
明日もまた一日楽しくレッスンしたいですね♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

明日から出かけます♪

2013-07-06

このところ、ずっと仕事や家事、実家の手伝いなど
休みを取る暇もなく動いておりました。

そんなとき、ちょうど山形の鶴岡というところで
用事があり、行くので、ついでに北東北を
回ってくることにしました。

3泊4日、家を留守にするにあたって、娘に
しっかりミーちゃんの世話を託したのですが、

ミーちゃんは、そんな私の行動を察したのか、
いつもよりニャーニャーとまとわりついてきます。

私も、ミーちゃんとしばらく会えないのが一番
つらいのですが、めったにないことなので、
出かけます。

今日も朝からレッスンして、父の世話をしに
八王子に行って、帰ってから洗濯、片付け、支度
などしてたらもうこんな時間・・・!

東北は私、とても大好きな場所で、毎年この時期行ってます。
空気、景色、人、そして食べ物、とても楽しみです。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

足モミ

2013-07-05

今日も蒸し暑い日でした。

レッスンの合間にヨガ教室で汗を流すと
ちょっと気分はすっきりしました。

ヨガはそんなに激しく体を動かさないですが、
一つのポーズをじっと続けることによって
血流がよくなり、新陳代謝が活発になり、
疲れた体を生き返らせてくれます。

ヨガを初めて、もう7年目ですが、
おかげさまで腰痛や五十肩などはまったくありません。

ヨガと一緒にやっていることは、足モミです。

足裏は第2の心臓といわれているそうですが、
そこを十分もみほぐすことで、万病に効く
といわれているそうです。

もっぱら家ではテレビをみているときなどに
一生懸命もみほぐす毎日です。

一日でも怠けると、足裏から、「もんでくれーーー!」と
なにかメッセージを受けるような気がします。

なるべく医者にかからない老後を目指しています♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

中学の合唱コンクールの伴奏

2013-07-04

今年ももう7月に入って、梅雨のじめじめした
うっとおしい天気が続いていますね。

私は特に風邪をひいているわけでもないのに、
朝、起きるとき体がだるい、重い・・・。

なかなかすっきり、さっと起きられません。

2度寝すると、変な夢をみたりして、よけい
頭がボーーーッとしてしまいますので、出来るだけ
初めに目が覚めたときに起きるようにしています。

愛猫のミーちゃんが起こしに来てくれるので
助かります!


今頃の夏休み前、中学生は合唱コンクールの伴奏者を
決める時期ですね。

秋、10、11月に本番がある場合が多く、
私のピアノ教室でも、やりたい生徒さんたちが
自主的に練習して、持ってきます。

私も普段のテキストより先に、譜読みからレッスンしています。

最近は指揮者も人気だそうですが、伴奏はその曲が
しっかり弾けなければならないので、皆発表会の曲をやるように
一生懸命練習しています。

合唱曲は、その曲のもつ雰囲気を出して、
きれいな音で弾く練習にはもってこいです。

あまり感情を出せないで弾いていた生徒さんも、歌詞を見ながら
よく自分の感情、思いを表現できるようになってきます。

アンサンブルだから、一人で弾く時よりも、進行に気を付けて、
合唱とのバランスをよく聴くことも、本当に良い勉強になりますね!

伴奏を希望されている皆が是非選ばれることを願っています♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

新しい大人の生徒さん

2013-07-03

今日は、6月からいらしている大人の生徒さんの
レッスンがありました。

大体大人の方は、お仕事があったりして
なかなか練習時間が取れないので、
隔週の1時間レッスンにすることが多いのですが、

今日の方も最初はそうしておりましたが、
7月から毎週レッスンに通いたいとのことで、

小さいお子さんと同じように毎週40分のレッスン
に切り替えました。

とてもうれしかったのですが、さらに
とてもよく練習されているのに、感動しました!

普通にお勤めをされていて、ご家庭の家事もあられて、
(新婚さんです!いいな・・・私は2年前に銀婚式終えました!)

本当にまじめにピアノレッスンに取り組まれておられる姿、
小さい生徒さんにお見せしたいです♪

ピアノは初めて習われるそうですが、今までとても習いたくて
やっと時間をとって、始められたそうです。

レッスンのあと、しばしそんなお話をしてましたが、
なんとも嬉しくて、教師としてしっかり彼女をサポートして

お好きな「ミスチル」の曲が早く弾けるようになって
頂きたいです。

半年後、1年後がとても楽しみですね!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

ピティナ・ステップの採点に思うこと

2013-07-01

昨日、府中でのピティナ・ピアノステップがありました。

今回は、自分が手伝っている巣鴨で受けたのではなく、
私たちの地域から近いところで受けました。

駅前の音楽ホールを利用した、発表会形式の形態で、
私の5人の生徒のほとんどが初めての体験でしたが、

あがって止まったり、引き直したりすることもなく
皆何とか無事に弾き終わりました。

アドヴァイザーの講評用紙をもらってから、
生徒さんに見せてもらって、びっくりしました。

なんと、2人のお子さんにCの評価が付いていたのです。
Dは不合格ですから、ぎりぎりセーフの判定・・・。

一人の子は、1年生で初めてのステップでかなり緊張して
いつもよりゆっくり、ちょっと痛々しかった・・・
でも精一杯最後まで弾き終ったのですが、

その子は終わって席に戻ると、ぐったりと椅子に座ってましたが、
緊張感から解放されたのにホッとしたのか、
最後のほうは寝ちゃっていました。

ああ頑張ったね!一人で弾けたじゃない!
と褒める気持ちで一杯だったのに、現実は厳しい評価。

たいして大きなミスはなかったのに、Cをつけるなんて・・・。

ステップはコンペとは違って、継続的なピアノレッスンを
支援するものと、この会場でも司会の方がおっしゃたのに、

3人のアドヴァイザーのうちのたった一人の先生ですが、
そのような辛い点をつけられて、おまけにコメントメッセージ
がありきたりのもので短く、励ましなどぜんぜんなく・・・

こんなものを頂くなら、出ないほうがましだな!と
私はやるせない気持ちで、半分怒りがこみ上げてきました。

上手に弾けなかったのだからしょうがないじゃない!
と言われれば、返す言葉もありませんが、

今まで、生徒さんのやる気を出させるためにやってきたのに、
初めの一歩で、気持ちがくじけないか、心配です。

お母様に伺ったら、当の本人はそんなこと気にもせず、
ケロっとしている、と言われてましたが、

コンクールやコンペではないということ、
審査する方も考えてほしい・・・。

今はコンペの時期だから、アドバイザーの方も
コンペといっしょのものと考えてはいないか・・・。

ステップにはもう10年以上、たくさんの生徒を出していますが、
こんなにやるせなく、残念な気持ちになったのは初めてです。

<にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
プロフィール

pianokyuden

Author:pianokyuden
世田谷区千歳烏山・給田のピアノ教室です。
「親子にやさしい、楽しく身につくピアノレッスン!」
をモットーに、地域の方がたに愛されるお教室づくりに励んでいます。
ひとりひとりの、こんな風に音楽を楽しみたいという
「夢」をかなえてあげたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
CalendArchive
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。