スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスティンのハロウィーン教材

2013-10-31

今日、10月31日はハロウィーンですね!

最近では日本でもこの祭りが定着しつつあるようですが、
クリスマス同様商業ベースで、街はカボチャのお菓子が
たくさんあふれています。

でもあのカボチャの顏のお化け、
「ジャック・オーランタン」というそうですが、
いかにも子供がすきそうな、なかなか
おもしろいキャラクターですね!


私が使っているバスティン・メソードには、
たくさんのハロウィーン曲があって、曲集も出ています。


1.Halloween Party

中村写真2 357

これは、パーティーシリーズ併用の
プレ・リーディング楽譜です。

五線のないリズム楽譜でポジション弾きするので、
ほんとに小さい生徒さんでも、ハロウィーンの感じ、
おばけ、こわい、ぶきみな音を楽しめます。

中身はこんな感じ

中村写真2 369


2.Halloween Treats

中村写真2 359

これは Primer Levelですが、五線譜です。

中村写真2 360

この曲集は、ベーシックス併用で、5冊あります。
バスティンの教材で進めて行く中で、レベルに応じた
併用曲として選びやすいのもいいですね!

レベル1~4

中村写真2 362

レベル4にはこんな曲も

A Solfeggietto Halloween
中村写真2 363

E.バッハも真っ青!!!


3.Halloween Celebration
  
導入からレベル4くらいまでの曲集

中村写真2 364

その中から、きらきら星をもじった

The Halloween Star
中村写真2 367


ショパンの葬送行進曲もえじきになっちゃった!?

Noises in the Night
(Chopin’s Halloween)
中村写真2 368

あの葬送のメロディーが最初に出てくる!

皆、挿絵がちょっとぶきみですが、可愛いのです。


これらの楽譜をこの時期、生徒さんと一緒に
楽しみたいのはもう山々なのですが、

12月に控えた発表会のために、あまり出来ないのが
ちょっと残念です。


アメリカのバスティン先生のレッスンを見学したとき、
ちょうど10月で、生徒たちがたくさんハロウィーンの
曲を練習していました。

ハロウィーンの日には、いつもミニ・コンサート
をされるとお聞きして、

私もいつか生徒さんとそんな会を
楽しみたいと願っています。


楽譜は東音企画の店(ピティナ本部内)や、
バステイン・オンライン・ショップで買えます。

いつもお立ち寄りありがとうございます。
ポチッと応援、励みになります。
   ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

主人の実家、新潟の法事

2013-10-28

この週末、主人の実家の法事に行ってきました。

新潟の三条市という、昔から鍛冶屋の街で、
包丁や食器などを作っている街です。

上越新幹線の終点新潟の一つ手前の燕三条という
ところで降ります。

新潟市は大変近代的な、裏日本でも随一の都会ですが、
新潟県はとても広く、上越、中越、下越と3つの地域に
分かれ、地域によって習慣が違います。

中越に属する三条市は、とても封建的な街で、
なにより長男を第一に考えるので、うちの主人のように
次男坊は、おまけのような扱いです。

すべてのことを長男が取り仕切り、口をはさむことは
出来ないので、実家に帰るとすべて義兄の指示に従います。

都会育ちの私にとって、理解に苦しむことが
たくさんあるのですが、ここではよい嫁を演じています。

だから、三条に行くとすごいストレスをしょって
東京に帰ってきます。

最近は、途中の越後湯沢で帰りに下車して、温泉に
つかってリフレッシュして帰ることにしてから、
いい感じです。

越後湯沢の温泉はとても泉質がよく、温泉街も風情あって
大好きになりました。

川端康成がここで過ごして名作「雪国」を書いたのは
わかる気がします。

越後湯沢の風景

大源太キャニオン
中村写真2 356

中村写真2 355

新潟の郷土料理
中村写真2 354


いつも読んでくださって有難うございます。
ピアノ教室ブログランキングに入っております。
ポチっとくださると励みになります。
   ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

保科陽子先生のコーチングセミナー

2013-10-24

今日は、ピアノ指導者のための
コーチングセミナーに行ってきました。

講師は保科陽子先生。

今やピアノの先生向けのコーチング指導の
第一人者でいらっしゃいますね!

私は数年前にコーチングを知り、
セミナーに通ったり、ある方のマンツーマンの
個人セッションを受けたりしておりますが、

保科先生は、私のコーチ(指導者の先生)が最初に
指導を受けた方でもあるので、

前からとても保科先生のセミナーを受けたいと
思っておりました。


コーチングとは、

「相手の才能を開花させ、やる気を引き出し
自発的な行動を促進させる、コミュニケーション技術
である」

と先生は言われています。


人とのコミュニケーションってほんとに難しい、
と感じたことがあって、それを何とかならないか、

ネガティブな発想の中に埋もれてしまいそうなときに、
いかにして、自分を勇気づけるか、そしてそれらの困難を
乗り越えることが出来るか・・・・!


私はコーチングを体験したことによって、
自分では気付かなかった自分の性格と向き合って

良いところをさらに伸ばせるように、、
頭の中を整理して、明るくポジティブに行動できるように
頑張っている最中です!

自分が何年後にどうなりたいかを考えて、
その目標に向かって日々の家庭生活、仕事を
やっていく・・・。

まさにへこたれそうなとき、すごい味方、
励ましてくれる存在が出来て、本当に
良かったと思います。


保科先生の明るく、前向きなトークの中には
人生で見逃せないたくさんの大事なことの
エッセンスがつまっていて、一言一言に納得!

今まで突っ走って過ごしてきた自分の人生、

冷静に自分を見つめ直し、リセットして
また新たなゴールに向かって歩き出すのも、
すごくいいな、と思います。


今日は本当に有難うございました。
また、引き続きよろしくお願いいたします。


いつもお立ち寄り有難うございます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村










発表会のファミリーアンサンブル、今年もたくさんのご参加です♪

2013-10-21

毎年一回12月にクリスマスコンサートと称して
発表会を行っていますが、

私の教室の発表会の一番の特色は、ファミリーアンサンブルです。

お母様、お父様、ご兄弟とのピアノ連弾のほかに、
最近ではギターなどほかの楽器とのアンサンブルも
増えてきているのは、とてもうれしいことです!

毎年、たくさんのご父兄にお声がけして、以前より
気軽に参加くださることが多くなりました。

昔ピアノなどを習っていた方もいらっしゃいますが、
そんなにお弾きになっていた経験がなくても
快く参加いただける方が増えたこと、ほんとに
ご協力ありがたいことです。

土曜日など休日のレッスンには、お父様と来られる
小さい生徒さんも今はめずらしくありません。

私が自分の子育てをしていたころは、
たまにそういう方がいらっしゃいましたが、

今の若い子育て世代の方々は男女、
役割の区別とかあまりなく、出来るほうがやる、
というスタンスで、夫婦互いに協力して、

習い事などお子さんと一緒に楽しまれていることは、
とても理想的なことだと思います。


今日も4歳の年少さんのお子さんとお母様の連弾の
レッスンをしました。

とちゅう、お子さんが眠くなってべそをかきだしたので、
急きょお母さんのパートの練習になりました。

まだすらすらとはお弾きに慣れないお母様、

でも一生懸命練習されている姿を見て、
ぐずっていたお子さんも、「私もやる!」と
言われて、交代!

泣いていたのはなんだったの?
というくらい真剣に練習されて、
弾き終わった後は晴れ晴れとした笑顔!

「あー、ほんとに頑張ったね!」
と私は思わず言って、三人で
とてもすがすがしい微笑みをかわしました。


そう、発表会までの途中の練習過程こそ、
アンサンブルをやる意義、目的があるのです。

私の娘も、昔私と発表会で連弾したとき、
夜、枕元にお手紙を置いてくれて、
「ママ、ほんとに楽しかった、ありがとう!」

と書いてあったのを、今でもよく覚えています。
(肝心の手紙は、どこかへ行ってしまいましたが・・・!)

小さいころの思い出は、一生の宝です。

私の生徒さんにもそういう経験をたくさんしてほしい、
と切に毎年願っております♪


いつもお立ち寄り有難うございます。
ピアノ教師ブログランキングに参加しています。
ポチっとおしてくださると、励みになります。
  ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

母のいる介護施設に行ってきました!

2013-10-19

毎週土曜日は、朝一番から午後2時頃まで
ぶっ通しレッスン、そしてそのあとはすぐ、
八王子の実家に行くのが常となっています。

母はこの半年の間に2回も骨折して、
とうとう車イスの身になってしまったので、
単身老人介護施設に入居しました。

でも、そこの職員の方がたがとても親身になって
世話してくださるので、とても元気になり、
体力もついて、自分でどんどん車イスをこいで
活動できるようになりました。

本当にうれしいです!

そして、商売とはいえ、そのように介護くださる
たくさんの方々に本当にありがたい気持ちで
一杯です。

老人の介護は、お下の世話など、大変なことばかりですが、
いつもにこやかに対応してくださる姿に
本当に頭が下がる思いです。

こうして離れたところで生活し、たまにしか行けない
私にとって、どれだけ救いになることでしょうか!

介護は一人で背負ってはいけないものです。

どうしても前向きというより、がっかりすることが
多いので、うつ気味になってしまいがちですが、
こうして、明るい前向きな母の姿は、たくさんの
勇気と元気を与えてくれます。

こうしてここまで導いてくださった神様に感謝です。


いつも読んでくださってありがとうございます。
とても励みになります♪
  ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

レッスンの振り替えについて

2013-10-16

すごい台風でした!

我が家も、車庫のトタン屋根が飛ばされ、
人に当たっては大変!と強風の中、作業してたら
突風にあおられ、危うく手をドアに
挟みそうになりました!

ホントぞっとしました。


台風などの悪天候の時は、レッスンをお休みにして
後日振替レッスンをおこなうのが常です。

私の教室は年間43回と回数を決めて
行っておりますので、振替の対応が
しやすいです。

振替レッスンに対しては、教師の都合で休んだ時のみ
とか、学校の用事のときは行う、とかいろいろな
対応があると思われますが、
私は、原則無条件で振替レッスンを行っています。

これでは、自分の予定が狂う、とか対応しきれない、とか
賛否両論だと思われますが、要は自分自身(教師)が
出来るものなら、認めてもいいではないか、と思っています。

生徒都合の振替は、本人もなかなか言い出せないもの・・・。

私はあまり深く考えないで、「いいですよ!」と
気軽に対応して、空いている時間や夏休みなどの長期休暇に
行って、今までにほとんど問題なくきています。

私自身が規約にとらわれるのがきらいで、
レッスン規約もあえてつくっていないので、

悪く言えば行き当たりばったり、よく言えば
おおらかなレッスン形態でずっとやってきました。

生徒さんとのトラブルもなくしてこられたのは、
もちろん生徒さんとの信頼関係によるものが大きい
と思います。

この信頼関係を守って、コミュニケーションをとりあい、
長年レッスンを継続すること、

それが私のポリシーとなっております。


いつもお立ち寄りありがとうございます。
ピアノレッスンのブログランキングに参加しております。
  ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

鉄道の日

2013-10-14

今日、10月14日は「鉄道の日」。

鉄子の私はこういう日は大事な日。
鉄道に乗ってないと気がすまないのですが、
今日は仕事があったので、前日の昨日、
きっちり、鉄道の旅してきました!

私が大好きな、千葉県の房総半島の
ローカル線、「小湊鉄道」と「いすみ鉄道」。

乗り継いで、房総半島を縦断します。

ここへは毎年2回くらいは訪れていて、
春は沿線菜の花が大変きれいですが、

秋もまた、コスモスやススキが見られて、
年中野の花が出迎えてくれます。

朝早く経てば、夕方には戻れるので
日帰りで、里山の景観を十分楽しめる
大変人気のある路線です。

千葉県、内房線の千葉のちょっと先の
五井と言うところから、まず
「小湊鉄道」に乗ります。

中村写真2 346

車体がもうローカル線そのもので、昭和っぽい感じがいい!

中村写真2 345

駅の表示も昔のままです。

中村写真2 344
 
鉄ちゃんの特等席、運転手さんの真横から見る前方、
進行方向の景色。
運転している感覚を味わえます。

鉄ちゃんは一度は運転してみたい!

中村写真2 343

車窓の眺め。
東京にはこういう景色はあまりありませんね。

千葉県は中心部は結構山間部で、山あり川あり、
また平野も広がり、素晴らしい里山風景が
たくさん残っています。

中村写真2 348
 
途中、養老渓谷駅で下車、駅構内には
温泉の足湯があり、無料では入れます。

中村写真2 347
足湯でリラックスして、今度は「いすみ鉄道」に乗り換えて、
外房の大原を目指します。

中村写真2 350
車体には、『ムーミン』のキャラクター。
これも有名になり、この列車に乗るために
全国から人が来ます。

中村写真2 352

といっても、平日はガラガラ、赤字の大変厳しい
経営状況なのですが!

わたしはちょっとでも、それがよい方向に行くように、
そして、廃線を免れるためにも、こうして乗りに
行くのです。

鉄ちゃんの使命ですね!

中村写真2 351

「大多喜」という町でまた途中下車、
駅前の観光協会の売店でお昼。
地元の方の作ったお菓子を食べました。

ローカル線の一番の楽しみは、こうして地元の
おいしい食べ物、特産品に出会えることです。

中村写真2 349

電車の座席にいたバッタさん!


私の家族はこういった旅はかったるくて行きたくないので、
ほとんど私一人で出かけます。

気楽に、一人で思い立ったまま、予定をあまり詳しくたてずに、
行き当たりばったりでの旅と出会いを、
こよなく愛するピアノの先生です♪

これから紅葉の秋、もう一回くらい行きたいですね!


いつも、お読みいただいて有難うございます。
ブログランキングに参加しています。
  ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

感性を育てるフランス式ソルフェージュ♪ ~フォルマシオン・ミュジカルのレクチャー

2013-10-08

おとといの日曜日は、フォルマシオン・ミュジカルの
レクチャーに参加しました。

講師の高田美佐子先生は、ダルクローズ・リトミックと
このフランス式ソルフェージュの研究をされています。


翻訳監修本
LE GUIDE DE FORMASION MUSICALE

中村写真2 342


そして、フォルマシオン・ミュジカルによる
子供向けの楽典の本、2冊

音楽耳 CDでわかる楽典(2009年)中村写真2 340

CDでわかるみんなの楽典(2012年)中村写真2 341

これらは私自身の勉強のためにも
大いに役立っています。


フォルマシオン・ミュジカルとは、
我々の世代が学んだ、従来のソルフェージュとは
異なった、新しいソルフェージュとよばれ、
1970年代のフランスで生まれたものです。

上の先生の著書の中のお言葉

 「 楽典とは、音楽のしくみのこと。

   それは、机の上でじっと本を読んで学ぶもの?
   いいえ、それはちがいます。

   音楽はまず、感じとることが大切です。

   そして感じとったものが、どういうしくみに
   なっているのか、

   どのような用語で説明されているのかを、
   知識として理解する、

   この順番が大事なのです。

   聴き取る、感じとる、歌う、身体を動かす、
   模倣する、分析する、創作する、知る、
   書き取る、記憶する。

   音楽をより豊かにあじわうために必要な
   さまざまな方法を学び、

   身体で音楽のしくみを覚えていくことで、
   大人も子供も、無理なく音感を養うことが
   できるのです。」

   
実際のレクチャーは、そのお言葉通りのことを
実践されています。


高田先生は、長年、ダルクローズ・リトミックを
勉強され、研究されて、今では、取得するのが
大変むずかしい、ダルクローズ国際免許、
ライセンスをお持ちで、音楽大学で
後進の指導もされています。

ダルクローズ・リトミックのよさを取り入れた、
フォルマシオン・ミュジカル、の指導法を
めざしておられる、と私は思います。

そして先生は誰よりも「音楽を愛し、楽しむ」
心をお持ちです。

実は私も昔、高田先生と同じリトミックスクールで
一緒に学んでおりました。

ダルクローズ・リトミックはピアノの指導に
絶対欠かせないものだと思っておりますので、

フォルマシオンも先生から知る機会を得て、
ピアノのレッスンに活かせる事が出来れば、
と私は月1回のこのレクチャーを
本当に楽しみにしているのです。


今日も、まず、歌うことから始まり、
分析、聴音などとたくさんのことを
学ぶ時間を持ちました。

一緒に学んでいる方々も、ピアノの先生あり、
学生さんありで年齢が幅広く、
現場の話を交えながら、

和気あいあいと楽しく、でも内容は濃く、
あっという間の3時間です。

先生の奏でるピアノの音色はとても繊細で美しく、
そのお人柄もやさしく、温和で、何より、
音楽のセンスが抜群に素晴らしい♪♪♪ です。

先生からはたくさんの事を学ばせていただいて、
ほんとに目からウロコのことばかり!

指導者は、自分の指導法をこれでいいんだと、
スタイルを変えないことは間違いである、
と感じました。

中村写真2 337

中村写真2 336

レクチャーの内容や、とても有意義だったことは、
今後、少しずつこのブログでお伝えしたいと思います。


途中、おやつタイムもあり、なんと先生自らが作られた
パウンドケーキとコーヒーで、楽しいおしゃべり!

中村写真2 334

このブログを見られた方が、私も是非!
と思ってお仲間になってくだされば、
とても嬉しく思います。


*11月のレクチャーのお知らせ

 11月10日(日)2:00~5:00
  場所は、江戸川橋駅近く BEC音楽教室
  レクチャー代金 3000円
  (月1回、少人数制のグループレッスンです。)
  

お申し込みは、BEC音楽教室


いつも読んでくださってありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります。
 ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

自分が弾く音をよく聴こう♪

2013-10-04

10月に入り、発表会まで約2か月ちょっと・・・。

ほとんどの生徒さんの選曲も終わり、
発表会の曲を弾くためのレッスンに切り替わっています。

この時期は、小学校高学年や中学生などは曲を一通り弾けて、
難しい部分のテクニックを繰り返し練習したり、
フレーズ、アーティキュレーションの確認などをしています。

難しいところをちゃんと弾けるように練習することは
一番大事ですが、これはほんとに時間が必要ですね。

練習を重ねて、音を覚え、曲の内容を理解して、
自分はこう弾きたいというイメージを作らせます。

小学校低学年は、まだひとりでは表現出来ないことが多いですが、

「このフレーズは何を思い浮かべる?」
などと言って、自分で連想させ、考えさせています。


今年の発表会の目標も決めました。

「自分の音をよく聴いて、きれいな音を奏でよう・・・♪」

導入の幼児や初心者には、自分の出した音をよく聴くことは
一番大事だと、レッスンの初めに言います。

発表会は、聴く耳をつくるよい機会だと、
改めて生徒さんの注意を促しています。

年に一度の発表会は日頃のレッスンの成果が花開き、
一歩前進の時であってほしいですね♪


今日のミーちゃんです。
娘が帰ってくると、いつもぎゅーーーっと
抱っこされてます。

せっかく寝ていたのに、起こされて、
ちょっと迷惑だけど、いやそうでもない・・・。

結構うれしそうな顔してじっと抱っこされてます!

中村写真2 333

いつもお立ち寄りありがとうございます。
クリックしていただけると、励みになります。
   ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

新入会生徒さんの初回のレッスン♪

2013-10-02

台風が近づいて、朝から大雨です。

朝晩はめっきり冷え込んで、風邪ひく方も多い
この頃ですね!

季節の変わり目は、体も気温の変化に慣れるまで
十分気を付けていきましょう。


昨日は10月から新入会の2人の生徒さんの
初レッスンがありました。

小学1年生と5年生の女の子さんのご姉妹、
6月までお父様の仕事の関係でブラジルにいらして、
ブラジル人の先生についておられましたが、

今までに弾かれた曲のコピーを見せていただいて、

バスティン・ピアノ・ベーシックスシリーズの中からの
曲がいくつかありました。

ブラジルでも、バスティンメソードが普及しているのを知って
とてもうれしく、今日のレッスンを楽しみにしておりました。

バスティンのほかにも、ブラジル人の先生がレッスンされた
ブラジル人作曲家の曲を、体験レッスンの時に
いくつか弾いていただきましたが、

ラテン系の曲は、大変メロディーが美しく、和声も
情熱的な感じがして、とても素敵なものばかりでした。

ただ、先生はラテン系特有の、よく言えばおおらか、
悪く言えばおおざっぱで、あまり楽典的なことや、
指使いのことを事細かく言われなかったそうで、

これからは、もう少しきちんと音楽のしくみを学んで、
ちゃんと楽譜が読めるようになりたい、と希望されています。

そう、読譜があまりできなくても、お二人ともとても
流暢に弾かれているので、

これからはバスティンメソードで
「わかって弾ける」生徒をめざし、ますますピアノが上手になり、
大好きになってくれればよいと願っております。

小さいお子さんは、まずしっかり楽譜が読めて、
そこに書いてあることが自分で何でもわかって弾けること、

「音楽的自立」が出来るようなレッスンを心がけて進めています。

そのためのテキストとして、バスティンメソードは、
大変使いやすくて、響きも現代的で惹きつけられる
曲がたくさんあります。

二人とも素直に私の言葉に耳を傾け、
レッスンの最中も活き活きとして、とても楽しそうに、
あっという間に1時間20分が過ぎていきました。

最初のレッスンは教師も指導法をあれこれ考えて、
よりよいスタートをきれるように、最善の努力をします。

終わった後、微笑みをかわしあって、また来週の再会を
約束する!

ピアノ教師としてのやりがいを
今日はいつもよりたくさん感じる時でした♪

中村写真2 331

いつも読んでくださってうれしく思います。

ピアノレッスンブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
  ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
プロフィール

pianokyuden

Author:pianokyuden
世田谷区千歳烏山・給田のピアノ教室です。
「親子にやさしい、楽しく身につくピアノレッスン!」
をモットーに、地域の方がたに愛されるお教室づくりに励んでいます。
ひとりひとりの、こんな風に音楽を楽しみたいという
「夢」をかなえてあげたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
CalendArchive
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。