スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピティナ・ピアノステップに生徒を出して15年、思うこと

2014-06-30

昨日は、府中でのピティナ・ピアノ・ステップに
5名の生徒を参加させました。

生徒さんは皆一生懸命練習して、
大きなミスもなく、無事に弾き終えて、
良い体験が出来たと思います。

私の教室では、このステップ参加を
15年間、生徒さんにおすすめしてきました。

初めの頃から比べるとシステムもしっかりして
受ける方々も多くなり広く普及してきましたが、
最近ではちょっと商業的であったり、
目的がコンペの予行演習?みたいに
なってきたのには、気になりますが・・・・!

でも、発表会とは違って、
自分の演奏がランク付けで評価され、
コメントをもらえる、
第三者に評価されることによって、
客観的に振り返ってよりよい演奏をめざし、
練習の中で何が大切かを気づかせるものとして、
よいシステムだとは思っております。


発表会は楽しく、親せきやお友達を呼んで、
楽しい雰囲気の中で、演奏します。

私も、そのあとのレッスンで、ここがよかったとか、
あそこをもうちょっと、次回は頑張ろう!などと
ほめたり、反省を促すようなことは言いますが、

ステップのように全く知らない先生方からの
コメント、メッセージを頂くことによって、
ちょっと緊張し、馴れ合い的な雰囲気から
脱却して、小さい生徒さんでも真剣に
自分の演奏と向き合うことが出来るのですね。

これをレッスンの中に組み込み、継続的に
続けていくことで、生徒さんのレッスンには
大変効果あると思います。

ただ、今の時期、コンぺの予行演習的に
受けられる方がたくさんおられるので、
小さい、初めて出場の生徒に対して、
厳しい評価、コメントをいただくこともあります。

コンペとステップは全く違う趣旨のものなので、
私も、いただいたコメント用紙はじっくり目を通し、
不適切なコメントには、主催者に問うたりして、
生徒さんへのフォローとアフターケアを
きちんとすることを心がけております。

ピアノの上達には、時には
厳しい言葉がけも必要ですが、
無理なく生徒さんの生活スタイルに合わせて
レッスンを続けられるように持って行けたら、
と思います。

「継続は力なり」

生徒さんには、いろいろなスタイルの人前での
演奏を体験して、続けて頂きたいと思います。

もちろん、「楽しく、わくわくするような期待感」
をもって出来れば最高ですね♪


いつもお立ち寄りありがとうございます。
     ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

発表会、決定! 素敵なホールでじっくり演奏を聴かせましょう♪

2014-06-27

ワールドカップでは日本チームの
グル―プリーグ敗退に、がっくり!!!
相当テンション下がっておりましたが・・・・。

落ち込み続けていては生徒さん達に
申し訳ない!
こんな時には、生徒さんたちから
元気の素をたくさんいただくのです。


さて、ホール選びに難航していた今年の発表会、
決定しました♪

日時   12月7日(日) 夕方5時頃から開演
場所   仙川アヴェニューホール

今年はいつも使用している烏山区民センターが
工事のため使用できないので、あれこれ近隣の
ホールを探していましたが、

曜日、値段などを考慮して、ここに決めました。

定員170名と、こじんまりして
小さいホールですが、とても音響よく、
イタリアのファツィオリという
素晴らしいピアノを弾けるのが目玉です!

私の教室は小さいお子さんから大人まで
さまざまな年代のかたがいらっしゃいますが、

今回はすべての方々に、ピアノをじっくり
弾くことをメインとした「聴かせるプログラム」
にしたいと思っております。

あまり、ショー的な要素は入れず、
指先に気持ちを込めて、原点であるピアノ演奏を
中心に企画を練って、指導していきたいと
思っています。

幼児でも、ホールやピアノの良さはわかるはず、
この響きを体験して、何か新しいことに
気づいたり、気持ちが掻き立てられて、
今後のレッスンへの意欲につながっていくことを
期待しています。

ホールを変えることで、人前で演奏することの
さまざまなバリエーションを与えてあげたいと
思っております。

これから半年後、素敵な会を開催できるように
皆様、一生懸命練習していきましょうね♪

仙川アヴェニューホール

いつもお立ち寄りありがとうございます。
    ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

スペインがまさかの敗退!毎日白熱するワールドカップ

2014-06-19

サッカー好きの私は毎日、ワールドカップの
白熱した試合に釘づけである。

4年に一度の開催で、もうこれは特別なゲーム。
どんな強豪でも番狂わせがある。

それだけ緊張感に満ちた試合が続くのだ。

今回、前回優勝のスペインが早々と
一次リーグ敗退した。

信じられないのだが、どんなに格下のチームでも
全力でぶつかってくるから、スペインの選手に
スキがなかったとは言えないと思う。

日本も初戦自分たちのサッカーをできずに
敗退したが、一戦一戦がもう戦いであり、
気を抜けないので、いかに集中力を
持ち続けるかが勝負の分かれ目だ。

これはピアノを人前で弾く時も同じだと
思っている。

今まで練習してきたことを、ぶっつけ本番で
100%とはいかないまでも、発揮できるか!

コンクールなどはメンタルが強いものが勝つ。

発表会などの演奏の前には、
どんなに小さい生徒でも、たった一回の演奏に
集中して、気持ちの全力を注ぐことを教える。

決してボーっとして弾かない、

自分が練習してきた道を思い浮かべて
演奏するように言う。

気のゆるみがないように家でも
ちょっと緊張をもって練習するよう言う。

どの世界でも一緒です。


負けたスペインチームにささげる鎮魂歌は
私的には、

アルベニスのスペイン組曲
グラナダです。

スペイン組曲、大好きなアルベニスの
最も好きな曲です♪

スペイン組曲、グラナダ


いつもお立ち寄りありがとうございます。
日本頑張れ!
   ↓にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

ワールドカップ開幕へ、熱い本田選手から学ぶもの

2014-06-12

毎日雨ばかり降って、ジメジメと
うっとおしい日が続きますが、私は
重い体を鞭打って、ジムでトレーニングに
励んでおります!!
(ピアノの練習はやってるの?)

年を重ねると、自分の体力も衰え、
持久力もなくなってくるから、

いつまでもピアノの先生を続けるために、
気持ちも体も頑丈でありたい!
と願って、体の手入れに励んでいるのです。

いよいよ待ちに待った、
ワールドカップ・ブラジル大会も明日開幕!
ドキドキして、楽しみですね。

今日、サッカーの本田選手のインタビューを
見ましたが、今までの彼の行動、言動から
私自身、学ぶものはとても大きいですね。

彼はフィジカルも強いけど、
メンタルも強く、冷静に自分を観ることが出来、
常によい状態に仕上げるための努力を
ずっとしてきた人なのですね。

練習の鬼です。
一日たりとも無駄にしない、常に自分を顧みて、
よく考え、次やるべきこと(練習)を続ける。

ほかにここまでやる代表の選手はいるでしょうか・・・?

キャプテン長谷部のように、
優等生の発言はせず、
思ったことを素直にずばずば言う。

自分を信じて、自分で道を切り開いて
進んでいく、そういう生き方、潔くて、
最高ですね!

私もそうありたいです・・・。
(今からでも間に合うの?)

あの彼独特のビッグマウスは、
自分をぎりぎりのところまで追い込んで、
自分を叱咤激励、奮い立たせるものなんだ、
と前から思っていたのですが、

今日、いかに本田選手が練習によって
肉体的にも精神的にも
自分を鍛えているか、よくわかりました。

走れない、走るのが苦手というから、
オフにこれでもかというほど走り込み、
体力をつける。

そして90分全力で走り回ってもばてない
体を自分で作り上げたのですね。

とても高い目標をもっているから、今
自分のなすべきことをよくわかっている。

他の若い選手に示すことをまず自分で
黙々とやっていく・・・。

ケガしても、それを乗り越えて確実に
目標に近づいています。

ミランでもいずれ、その力が花開くでしょう。
(今まではじっと我慢の時でしたが・・・。
 そのくやしさをワールドカップにぶつけろ!!!)

彼のその姿、意気込みは、本当に共感でき、
心が動かされるのです。

私も強い心と体を保ちたいから、
ジムでトレーニングに励んでいるのですが、
はたして体力は・・・・

もちろん、つきましたよ!
電車の中でずっと立ちっぱなしでも平気です。

本田選手に戻しますが、彼は、
ワールドカップ、次はないと思って、今回
集大成で臨むと言っているそうですが、

そのくらいの覚悟で臨まなければ勝ちはない
ですよね。

戦いですから!

遠く離れた日本から、ほんとに祈るように、
その活躍を、応援しています!

がんばれ、日本♪


いつもお立ち寄りありがとうございます。
皆さん、ワールドカップの試合ある時は、
レッスン入れないで、応援しましょうね
   ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

大人の中級レベルの生徒さんにバスティンベ―シックスを使う提案!

2014-06-09

昨日、大人の生徒さんの体験レッスンを
させていただいて、入会されることになりました。

このTさんは、20年くらいの経験者で、
ブランクがあるとはいえ、ドビュッシーやラベルも
お弾きになられています。

フルタイムのお仕事の傍ら、お友達と
演奏活動をされるほど音楽が大好きで、
また、じっくりピアノのレッスンに取り組みたい
とのことで、私もとても嬉しく思いました。

これから練習する曲を決めた後、彼女から、
バスティン・メソードに大変興味あると聞かされ、
今まであまり、楽典的なことやセオリーは
学んできていない、と言われるので、
それならばと、テキストとして使用することに
しました。

使うのは、バスティン・ベーシックス
「レベル1ピアノのおけいこ」から順々に、
バッハなどの曲と一緒にレッスンで
やっていくことにしました。
001_20140610002259301.jpg


かなりピアノを弾ける方でも、
全調をマスターしたり、
移調奏が出来たり、楽典的なことを
今まであまりしていなかった方は
よくいらっしゃいます。

ベーシックスシリーズは、小学1年生くらいからの
入門書ですから、大変わかりやすく、
曲は初見でどんどん弾けていけると思います。

大事なのは、系統だって順序良く
音楽のしくみを学んでいくこと。

説明もきちんとわかりやすい文章で
書かれていて、
曲を実際に弾きながら理解していけます。

私はバスティン以外の楽譜も使っていますが、
このようにシステムがきちんとしているものは
他にはあまりないと思います。

教師もこのテキストにそって教えていけば、
教え忘れのない教本で、大変助かるのです。

Tさんも、私のホームページを見て、
バスティン・メソードに大変興味を持たれた
とのことで、大変うれしく、今後のレッスンの
展開が楽しみです。

いつかご自分のお子さんが生まれて、
ピアノを教えるような機会が出来たとき、
きっととても役に立つことでしょう♪

私もバスティンメソードのよさを
つくづく感じたひとときでした!

いつもお立ち寄りありがとうございます。
   ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

恒例、音大ファミリーコンサートへ鑑賞会

2014-06-01

今日は、母校、国立音大のファミリーコンサートに
出かけました。

これは、毎年生徒さんとその家族を対象に行う
恒例の教室行事です。

なかなか普段は幼児や小学校低学年は
聴きに行くことがむずかしい、
クラシックのコンサート。

今日のは、それらの子供を対象とした、
赤ちゃんを含めた家族全員で楽しめる、
気兼ねのいらないコンサートなので、
教室の生徒さんの家族にぜひ行くよう、
おすすめしました。

小学生以下は無料、中学生以上も500円と、
大変お安く、負担にならないもので、
こういう企画をやってくれる母校に感謝、感謝!

毎年、我が教室から参加者多数、今年は20家族、
50名以上のかたに楽しんでいただきました。

毎年テーマがあって、今年のテーマは

「20世紀の名曲と楽しい作品集」

プログラム

1.組曲「仮面舞踏会」より、ワルツ、ギャロップ
  (ハチャトゥリアン)
2.グリーン・スリーブスによる幻想曲
  (ヴォーン・ウィリアムズ)
3.組曲「ハリー・ヤーノシュ」より、
  ウィーンの音楽時計
  (コダーイ)
4・組曲「惑星」より、木星
  (ホルスト)
5.ミュージカル「ウエストサイド物語」より
  (L・バーンスタイン)

皆、よく知られている曲で、オーケストラ編成も
ちょっと変わっていたり、リズミカルで打楽器など
が多いものなど、楽しい内容でした。

オケは国立音大の先生、学生、OBから編成され、
私の学生時代の先輩や、ピアノ先生仲間の
お嬢さんもいらっしゃいました。

ピアノ曲には、曲の旋律や響きに、
楽器の音色を連想することや、それをイメージして
弾くことがよくありますね!

ピアノ以外の楽器を知り、その音色を聴く・・・。

それらが集まって出来た一つの音の世界を
楽しむ・・・。

こういう経験を小さい時から出来れば、
その子のピアノの世界観も広がり、
演奏することの大きな力になりますね♪

初夏のさわやかな空気の中会場へ足を運び、
鑑賞する時のマナーを学び、
生オーケストラがかもしだす音楽の波、
振動を肌で感じ、身体でとらえ、

何か新しい感動をつかんでくれたら・・・・
といつも思っております。


それにしても、今日は暑かった・・・・です。

音大ホール入口のカリヨンの鐘の前で
002.jpg

007.jpg


いつもお立ち寄り、有難うございます。
   ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
プロフィール

pianokyuden

Author:pianokyuden
世田谷区千歳烏山・給田のピアノ教室です。
「親子にやさしい、楽しく身につくピアノレッスン!」
をモットーに、地域の方がたに愛されるお教室づくりに励んでいます。
ひとりひとりの、こんな風に音楽を楽しみたいという
「夢」をかなえてあげたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
CalendArchive
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。