FC2ブログ

小さい生徒さんの成長を親御さんと分かち合う

2014-04-15

先日、年長さんになったばかりの生徒さんが
久々にお父様と一緒に来られて、
そのお父様は、レッスンの成り行きをじっと後ろで
ご覧になって、ふともらされた言葉です。

「なんとなく弾けているけど、ちゃんと身について
わかって弾いているでしょうか?」

習い始めて1年半くらい経ちますが、
この位の時期にそう言われること、多いですね。

お父様の場合はお子さんの日頃の練習に
立ち会えないことが多いので、
どうなのかなあ・・・と思われるのは、
正直な感想だと思います。

発表会などでひとつの曲を長い時間をかけて
たくさん練習して弾けるようになったとき、

「ああ、出来るようになったんだなあ・・・」
と実感されることは多いのですが、

日頃のレッスンの中での課題をこなす時、

リズム打ち、音名読みなど、弾くための個々の
細かい課程を見て、なかなかその成長が
わかりにくいようです。

でも、あるときふと、ピアノの音が
いつもよりきれいな音で弾けていたり、
歌う音程がピアノとぴったり合っていたり、
おや?いいね!と思う瞬間があります。

そんな時、
「あれ、今の音、すごく良かった!
きれいな音で弾けたね!」

「ピアノの音と歌声がきれいにあっていたよ」

「指の形が自然にきれいになってきたね」

などとほめて、その笑顔を親御さんにも向けると、

ああ、そうなのかなあ・・・と
ちょっとうれしそうに納得された
お顔をされています。

小さいお子さんには、良かったことを
もう一回反復させて、しっかり身体で認識させ、

親御さんには、その瞬間をしっかり見て、
お子さんの成長をレッスンの現場で
感じて頂けたら・・・と思っております。



いつもお立ち寄りありがとうございます。

クリックして頂くと励みになります。
   ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pianokyuden

Author:pianokyuden
世田谷区千歳烏山・給田のピアノ教室です。
「親子にやさしい、楽しく身につくピアノレッスン!」
をモットーに、地域の方がたに愛されるお教室づくりに励んでいます。
ひとりひとりの、こんな風に音楽を楽しみたいという
「夢」をかなえてあげたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
CalendArchive
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR