FC2ブログ

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発表会では、あまり知られてない素敵な曲をご紹介したいです♪

2014-07-27

12月の発表会に向けて、猛暑の中
冷房をガンガン効かせたレッスン室で、
選曲真っ最中のこの頃です!

この作業、どのピアノの先生も大変
苦労されることだと思われますが、

私も、本当にたくさんの時間を費やして、
家事も二の次、あれこれいろいろな楽譜と
にらめっこの毎日です。
(ブログも久しぶりに書いています!)

出来るだけ、ここ何年取り上げた曲ではなく、
あまり演奏していない曲を生徒さんに
弾いていただきたいのですが、

弾く生徒さんの希望などで、同じ曲を
選ぶこともけっこうあります。

クラシックのソロでは、「エリーゼのために」は
もう毎回登場しますが、今年はまだ誰も
弾きません。(よかった!と内心思っています)

たとえば、あまり知られていない、近現代の
有名な作曲家の子供のための曲を、
毎年必ず入れるようにして、
こういう素敵な曲もありますよ!と
ご紹介することが、とても楽しいです。

ハチャトリアン、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチ
などのロシアの大家の作品以外にも、
たくさん子供向けのものがあるというのを
私が知ったのは、今から20数年前で、
当時著作権が切れて、日本の出版社で
あいついでたくさん出され、
CDも一緒にあったりして、大変わかりやすくて、
画期的でした。
(今はユーチューブなどで見れますね)

音大にいた当時は、外版の楽譜を
見るきっかけがなく、もちろんこういう曲を
先生に教わったこともなかったので、

中村菊子さんが編集された四期の名曲集を
ほんとに一曲ずつじっくり聴いて、時には
先生のセミナーに参加して勉強しました。
ピアノのための近現代名曲集

また、外国の作曲家以外にも、
日本の現代の作曲家も生徒さんに
知ってもらいたいですね。

同じころ、金子勝子先生のセミナーで、
先生編集の「虹のプロムナード」を知り、
素敵な邦人作品がたくさんのっていて、
以後、毎回必ず、誰かに弾いてもらいたい
と思って取り上げています。

この本には、細かい指導のアドヴァイスも
書かれてあり、大変参考になります。
虹のプロムナード

あまり知られてなくてもちょっとしゃれた、
素敵な曲をご紹介する場が発表会である、
と思って毎年この時期、暑さにめげず、
頑張っている毎日です♪

いつもお立ち寄りありがとうございます。
   ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村







スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pianokyuden

Author:pianokyuden
世田谷区千歳烏山・給田のピアノ教室です。
「親子にやさしい、楽しく身につくピアノレッスン!」
をモットーに、地域の方がたに愛されるお教室づくりに励んでいます。
ひとりひとりの、こんな風に音楽を楽しみたいという
「夢」をかなえてあげたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
CalendArchive
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。